header1.jpg

児童生徒健全育成ボランティア「アルカス」

「アルカス」とは、小学生、中学生、高校生の子どもたちで構成され、主体的に健全育成活動や非行防止活動に参画することにより、自ら規範意識、防犯意識を高めるとともに、子どもたちの視点から保護者や地域住民により良い地域環境づくりを目指して活動するボランティアです。

名前の由来

児童生徒によるボランティアグループが、大学生による少年健全育成ボランティア「ポラリス宮城」のように活躍してほしいという願いを込め、 北極星(ポラリス)のまわりを回っている星座こぐま座「アルカス」から命名したものです。

※「ポラリス宮城」とは、大学生ボランティアが警察職員や少年警察ボランティアなどとともに、 少年の健全育成及び立ち直り支援活動を行うことを目的として平成16年に発足したもので、少年課のホームページで詳しく紹介しています。

主な活動内容

1.児童生徒に対する情報発信活動

  • 非行防止教室及び防犯教室における情報発信活動
  • いじめや校内暴力等の防止活動
  • 文化祭等における活動発表、パネル展示など
  • 広報紙の作成

2.地域における情報発信活動

  • 街頭キャンペーン
  • 有害環境浄化活動
  • 自転車盗難防止活動

3.あいさつ運動

  • 登下校時における、校門付近での児童生徒に対するあいさつ運動
  • 校内でのあいさつ運動

4.少年警察ボランティアとの連携活動

  • 合同での情報発信活動(街頭キャンペーンなど)
  • 各種行事への参加

スーパー・アルカス、3校目誕生

「スーパー・アルカス」とは、自主性に溢れ、地域社会に貢献する優れたボランティア活動を展開したアルカスに与えられる称号です。 児童生徒が自ら非行防止教室や、キャンペーンを計画する等、優れた活動を展開している中学校3校が認定されています。

平成23年2月
仙台市立東仙台中学校「東仙中スーパーアルカス」
平成30年1月
石巻市立山下中学校「Sirius(シリウス)」
令和3年3月
東松島市立矢本第二中学校「アルタイルⅡ」

アルカス支援のお願い

「アルカス」は、小学校、中学校、高等学校の子どもたちが主体となって活動するものです。警察といたしましても、この活動を支え、健全育成の輪が県内全域に広まっていくよう努力してまいります。 保護者の皆さまをはじめ、各団体、企業など、地域の皆さまにおかれましても、子どもたちの取組をご理解いただき、温かく見守っていただくとともに、様々な側面からご支援をいただきますようお願いいたします。

PAGETOP