宮城県警察本部 生活安全部 生活安全企画課 犯罪抑止対策係
 
 犯罪抑止対策  生活安全企画課 Twitter
(運用ポリシー) 
 
各種安全対策特殊詐欺対策繁華街・歓楽街対策みやぎセキュリティメール万引き防止対策協議会防犯CSR活動

 県内概況(令和2年10月末) 
やじるし刑法犯  8,695件(-1,998件、-18.7%※暫定値

【主な増加罪種】 R2.10 R1.10 前年比 増減比 
器物損壊等 1,111 1,068 43
4.0%
住居侵入 242 204 38 18.6%
脅迫 50  31  19 61.3%
主な犯罪の発生状況
 
【罪種・手口】  R2.10 R1.10 前年比 増減比
強制性交等 16 20 -4
-20.0%
強制わいせつ 59 73 -14 -19.2%
ひったくり 7 9 -2 -22.2%
自動車盗  27 36 -9 -25.0%
オートバイ盗  52  62  -10  -16.1%
自転車盗   1,059  1,742  -683  -39.2%
空き巣 318 399 -81 -20.3%
忍込み  103 132  -29 -22.0%
居空き 16 22 -6 -27.3%
事務所荒し  113  111  2  1.8%
出店荒し  81 50 31 62.0%
倉庫荒し 128 194  -66 -34.0%
万引き 1,419 1,676 -257 -15.3%
車上ねらい 413 715 -302 -42.2%

犯罪オープンデータ
(CSV形式)


特殊詐欺
(令和2年10月末現在)
 147件、約2億1,318万円
-30件、約-2,230万円

特殊詐欺被害予防かるた「ゲキタイかるた」

 特殊詐欺被害予防かるた「ゲキタイかるた」を作成しました。

  【「ゲキタイかるた」のページ】
    (詳細はこちらへ)

郵送広報事業
 特殊詐欺被害防止対策事業として、令和2年9月より、捜査過程で特殊詐欺の犯人グループから押収した資料に登載されていた方に対して、圧着式のはがきを郵送しております。
 はがきの届いた方は、特殊詐欺被害に遭わないように十分にお気を付けください。
             
郵送したはがき(イメージ) 

振り込め詐欺抑止コールセンター
 振り込め詐欺抑止コールセンター事業は、平成29年3月31日以降、実施していません。コールセンターを装った予兆電話にお気を付けください。 

特殊詐欺被害防止に関するテレビCM
(令和2年度)
 

 【R2特殊詐欺被害防止CM
 特殊詐欺の被害防止CMを制作し、令和2年10月10日〜同年10月31日までの間、放送しました。
 昨年に引き続き、民謡歌手の庄司恵子さん、たらさわかすみさん親子に出演してもらいました。
※ このCMは、承諾なしに転用することはできません。詳細については、「宮城県警察ホームページのご利用について」を参照してください。

オレオレ詐欺被害防止に関するテレビCM
(令和元年度)
 

 【オレオレ詐欺被害防止CM】
 急増するオレオレ詐欺の被害防止CMを制作し、令和元年10月1日〜同年12月31日まで放送しました。
 民謡歌手の庄司恵子さん、たらさわかすみさん親子に出演してもらいました。
※ このCMは、承諾なしに転用することはできません。詳細については、「宮城県警察ホームページのご利用について」を参照してください。

家族の絆メッセージカード 

【家族の絆メッセージカード】
 「家族の絆メッセージカード」を作成しました。
 「家族の合言葉memo」の欄に家族の合言葉を書いて、電話機のそばに貼って(置いて)詐欺被害に遭わないようにしましょう!! 

SOS47(ストップオレオレ詐欺47)プロジェクト動画

警察庁広報啓発動画
 警察庁では、「オレオレ詐欺予防プロジェクト〜家族の絆作戦〜」のプロジェクト(略称:SOS47)のメンバーが出演している広報啓発動画を作成しました。
 オレオレ詐欺は、「家族の絆」で詐欺ブロック!!

 各施策の取組状況 
やじるしダイドードリンコ株式会社と「安全安心のための見守り活動に関する協定」を締結[R2.10]
   ダイドードリンコ株式会社と「安全安心のための見守り活動に関する協定」を締結しました。
 ダイドードリンコ株式会社の子会社であるダイドービバレッジサービス株式会社が自動販売機への補充業務をしながらの見守り活動等を実施します。
やじるし「特殊詐欺被害防止広報大使」委嘱式[R2.10]
     「特殊詐欺被害防止広報大使」として、令和2年度のCMにも出演していただいた庄司恵子さんとたらさわかすみさんに委嘱しました。
やじるし県内コンビニエンスストア全店で電子マネー購入客に対する「声かけ強化月間」を展開[R2.10]
 宮城県コンビニエンスストア等連絡協議会と連携して、架空料金請求詐欺等を防止するため、10月を「声かけ強化月間」として、電子マネー購入者に対して、詐欺被害を未然に防止するための声掛けを実施しました。
やじるし松竹芸能所属の餅田コシヒカリさん(駆け抜けて軽トラ)が特殊詐欺被害防止に協力
やじるしセキスイハイム東北株式会社から特殊詐欺被害防止啓発広報用ポスター・チラシが寄贈[R2.8]
    セキスイハイム東北株式会社から、お笑い芸人(松竹芸能所属)の餅田コシヒカリさん(駆け抜けて軽トラ)を起用した特殊詐欺被害防止啓発広報用ポスター・チラシの寄贈を受けました。
やじるし一般社団法人マンション管理業協会東北支部への協力依頼を実施。[R2.4]
     一般社団法人マンション管理業協会東北支部と警察本部地域課ではマンション住民の安全安心の確保に関する相互協力協定を締結しており、その活動の一環として、令和2年4月から、時勢に応じたポスターやチラシ等を同支部が管轄するマンション等に掲示をしていただけることとなりました。
 生活安全企画課から、特殊詐欺被害防止に関する左記ポスター等の掲示を依頼をしております。
やじるし特殊詐欺注意報に伴う注意喚起範囲が拡大。[R2.4]
 県警では、特殊詐欺の予兆電話が特定の地域に集中する傾向があるため、その予兆電話を認知した段階で、当該地区に対して、特殊詐欺注意報を発令しています。
 これまでも、みやぎセキュリティメールや各種関係機関・団体等に注意喚起をしておりましたが、令和2年4月より、宮城県老人クラブ連合会、仙台市老人クラブ連合会及び宮城県民生委員児童委員協議会に対しても、情報提供を行い、注意報発令地区の会員等に対して、注意喚起することになりました。
やじるしホットスポットパトロール研修会を開催しました。[R2.1]
   仙台大学から講師をお招きし、防犯パトロールを実施するボランティアの方々を対象とした研修会を実施しました。

 ※ホットスポットパトロールとは、「入りやすく見えにくい場所」などを重点的にパトロールする方法です。
やじるし年末に帰省する大学生に向けた特殊詐欺被害防止キャンペーン[R1.12]
   家族が集まる機会の多い年末年始に向け、東北学院大学、仙台大学、東北福祉大学の協力をいただき、大学生に対し、「家族の絆」をテーマにした特殊詐欺被害防止についての防犯キャンペーンを実施しました。
やじるし全国地域安全運動宮城県大会の開催[R1.10]
   防犯ボランティアや関係機関との相互の連携強化や幅広く防犯意識の高揚を図るため、全国地域安全運動宮城県大会を開催しました。
 落語愛好家の三流亭楽々さんに防犯落語を口演していただきました。
やじるし特殊詐欺被害防止に向けた「声かけ強化月間」開始式[R1.10]
   県内の全てのコンビニエンスストアで電子マネー購入者に対して声掛けをする「声かけ強化月間」を実施しました。
 「声かけ強化月間」広報大使をお笑い芸人の「ニードル」さんにお願いしました。
やじるし株式会社デンコードーと「特殊詐欺等に関する被害防止に関する協定」を締結[R1.9]
   株式会社デンコードーと「特殊詐欺等の犯罪被害防止に関する協定」を締結しました。
やじるし特殊詐欺被害予防かるた「ゲキタイかるた」の完成披露会を開催しました[R1.9]
     かるた遊びを通じて特殊詐欺の手口や予防策について学ぶことで、楽しみながら特殊詐欺を撃退する力(抵抗力)を高めることを目的として作成した「ゲキタイかるた」の完成披露会を開催しました。

 令和元年中の県内概況 
 宮城県の刑法犯認知件数は、平成13年(約49,900件)をピークに右肩上がりに増加してきましたが、平成14年以降18年連続で減少し、令和元年中は12,979件と前年に比べ776件、率にして約5.6%減少しました。

 しかしながら、特殊詐欺、子供や女性を狙った犯罪等は、高水準で推移しており、依然として厳しい治安情勢にあります。

  なお、令和元年中、県内では、1日当たり、約36件(約40分に1件) の割合で何らかの犯罪が発生しており、最も発生の多い犯罪は、自転車盗(2,065件)、次いで万引き(1,973件)でした。

 令和2年 防犯ポスターコンクール優秀作品 
小学生の部 最優秀作品 中学生の部 最優秀作品 高校生の部 最優秀作品

パトカーと町並みのライン

[宮城県警察本部トップページへ] [生活安全企画課へ]
 
>