宮城県警察本部 生活安全部 生活安全企画課 犯罪抑止対策係

犯罪抑止対策
各種安全対策特殊詐欺対策繁華街・歓楽街対策みやぎSecurityメール万引き防止対策協議会防犯CSR活動オープンデータ
 [統計情報] [主な手口]  [被害に遭われた方へ(被害者支援室)] [かるた]
   生活安全企画課
 警告用ツイッター
  地域安全ニュースはこちら
運用ポリシー           
←前年統計  令和3年9月末の特殊詐欺被害認知状況  ■□■□■
令和3年9月末の認知状況です。(暫定値)
※金額は概数のため、それぞれの項目の合算と合計に差異が生じる場合があります。
※令和2年1月から手口分類が変更されています。詳細な手口は「主な手口」を参照ください。

  認知件数 被害金額(万円)
9月末 前年比 9月末 前年比
オレオレ詐欺 15 4 5,160 -1,290
預貯金詐欺 20 -32 2,931 -3,894
架空料金請求詐欺 60 23 6,579 3,041
還付金詐欺 33 33 3,314 3,314
融資保証金詐欺 2 -7 312 -151
金融商品詐欺 0 -1 0 -8
ギャンブル詐欺 3 0 1,524 1,297
交際あっせん詐欺 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
キャッシュカード詐欺盗 33 8
4,278 677
特殊詐欺合計 166 28
24,098 2,986
 被害者の年代別特徴は、
  65歳以上の高齢者の被害が全体の約7割
となっています。
 被害者の性別では、
        女性:64% 男性:36%
となっています。
    
 送金件数では、電子マネーが多くなっていますが、これは、架空料金請求詐欺の被害者が、複数店舗で電子マネーを購入することが要因と分析されます。
 送金額では、ATM振込が多くなっています。
 
これは、9月に還付金詐欺の被害が多発したことにより、被害者がATMで還付金が戻ると犯人に騙されて、ATMで送金した要因が大きいと分析されます。
 
続いてキャッシュカード手交、すり替えが多く、これは、預貯金詐欺やキャッシュカード詐欺盗の1件あたりの被害額が大きいことが要因と分析されます。
 9月に多発した還付金詐欺とは、固定電話に自治体職員を騙る者から、「介護保険料の還付金があります。ATMで手続をしますので、ATMに着いたら連絡をください。」などと電話があり、ATMで相手に電話をかけ直すと、ATMの操作を誘導され、犯人側の口座に現金が振り込まれてしまう手口です。
 このような還付金詐欺やオレオレ詐欺などの特殊詐欺の犯人は、被害者と接触を図るために、自宅の固定電話に連絡をしてきます。
 このような特殊詐欺の被害を防止するためには、「迷惑電話防止機能」を有する機器を活用した固定電話対策が有効です。
 県警では、特殊詐欺被害防止のため、固定電話機に接続する「特殊詐欺電話撃退装置」を購入した方に、購入費用の一部を補助します。
 また、65歳以上の高齢者の方を対象に、「特殊詐欺電話撃退装置」を無料で貸し出しています。
 購入費補助及び貸出しを希望される方は、警察本部生活安全企画課、又はお住まいの住所を管轄する警察署生活安全課までご連絡ください。
※ 送金件数は、単純な被害件数の割合では無く、関係機関(コンビニ・金融機関等)の利用件数の割合です。
  (一人の被害者が、複数の関係機関を利用していれば複数計上し割合を算出)

【件数】 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
オレオレ詐欺 0 0 0 0 0 6 0
4 5
預貯金詐欺 4 2 3 5 2 1
1
1
1
架空料金請求詐欺 3 2 4 7 6 9 11
7
11
還付金詐欺 2 0 4 1 0 1 0
1
24
融資保証金詐欺 0 0 0 0 0 0 0
1
1
金融商品詐欺  0 0 0 0 0 0 0
0 0
ギャンブル詐欺 0 0 1 0 0 1 0
1
0
交際あっせん詐欺 0 0 0 0 0 0 0
0 0
その他 0 0 0 0 0 0 0
0 0
キャッシュカード詐欺盗 5 3 3 8 2 1 0
2
9
合 計 14 7 15 21 10 19 12
17
51
【金額】(単位:万円) 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
オレオレ詐欺 0 0 0 0 0 1,345 0
1,625 2,190
預貯金詐欺詐欺  502 328 900 445 100 0 305
350 0
架空料金請求詐欺 43 100 217 233 767 690 977 1,763 1,791
還付金詐欺 166 0 305 199 0 100 0
50 2,494
融資保証金詐欺  0 0 0 0 0 0 0 77 235
金融商品詐欺 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ギャンブル詐欺  0 0 1,019 0 0 51 0 454 0
交際あっせん 0 0 0 0 0 0 0
0 0
その他  0 0 0 0 0 0 0 0 0
キャッシュカード詐欺盗  959 101 631 1,094 362 120 0 167 845
合 計 1,670 529 3,071 1,971 1,229 2,306 1,283 4,486 7,555
 ※金額は概数のため、合計に差異が生じる場合があります。捜査の状況により変動することがあります。

 平成16年からの特殊詐欺被害認知状況 
平成16年からの特殊詐欺被害の件数・金額です。
【件数】 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26
オレオレ詐欺 295 124 268 60 79 27 101 18 8 34 62
架空請求詐欺 75 89 73  64 65 61 55 17 14 31 51
融資保証金詐欺 143 234 241  149 181 36 17 5 5 9 13
還付金等詐欺       17 72 2     6 4 40
振り込め類似詐欺             11 15 40 53 59
特殊詐欺合計 513 447 582 290 397 126 184 55 73 131 225
【金額】(万円) H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26
オレオレ詐欺 28,330 17,010 51,070 11,920 18,460 2,500 16,060 3,550 1,220 16,320 21,897
架空請求詐欺 9,720 8,570 10,910 7,740 3,750 7,840 4,830 1,130 1,430 11,460 21,244
融資保証金詐欺 8,750 17,050 18,100 10,210 14,870 1,240 1,120 300 350 1,090 1,306
還付金等詐欺       2,490 7,350 150     390 190 3,144
振り込め類似詐欺             3,230 10,390 27,020 25,040 53,401
特殊詐欺合計 46,800 42,630 80,080 32,360 44,430 11,730 25,240 15,370 30,410 54,100 100,992

【件数】 H27 H28  H29 H30  R1
オレオレ詐欺 151 74  81  49  100
架空請求詐欺 87 123  168  151  59
融資保証金詐欺 13 12  24  22  8
還付金等詐欺  74 44  65  8  0
振り込め類似詐欺  25 17  4  7  3
 同視し得る窃盗    43
特殊詐欺合計  350 270  342  237  213
【金額】(万円) H27 H28  H29 H30 R1
オレオレ詐欺  44,378 21,139 16,565  6,797  13,136
架空請求詐欺  28,639 28,920 17,410  18,894  6,549
融資保証金詐欺  1,688 1,188  2,763  3,463  234
還付金等詐欺  8,608 4,361  6,189  638  0
振り込め類似詐欺  20,237 10,928  2,172  3,936  2,180
 同視し得る窃盗          6,022
特殊詐欺合計 103,551 66,536 45,100  33,728  28,122

■ 令和2年の特殊詐欺被害認知状況 
令和2年からの特殊詐欺被害の件数・金額です。
※警察庁と集計方法が異なるため、警察庁公表値と比較すると金額に差異があります。
※令和2年から特殊詐欺の手口分類が変更となっています。
【件数】 R2
オレオレ詐欺 12
預貯金詐欺   61
架空料金請求詐欺 49
還付金詐欺 11
融資保証金詐欺  10
金融商品詐欺  1
ギャンブル詐欺 4
交際あっせん詐欺 1
その他の特殊詐欺 0
キャッシュカード詐欺盗 31
特殊詐欺合計 180
【金額】(万円) R2
オレオレ詐欺 6,850
預貯金詐欺   8,728
架空料金請求詐欺  4,582
還付金詐欺  1,555
融資保証金詐欺 465
金融商品詐欺   8
ギャンブル詐欺   911
交際あっせん詐欺   12
その他の特殊詐欺   0
キャッシュカード詐欺盗   5,055
特殊詐欺合計   28,166



パトカーと町並みのライン

[宮城県警察本部トップページへ] [生活安全企画課へ] [犯罪抑止対策トップページへ]