宮城県テロ等抑止ネットワーク
(略称:みやぎTネット)

STOP 爆弾テロは許さない

雲



宮城県テロ等抑止ネットワークの目的
 宮城県警察と宮城県や仙台市の関係機関、並びに爆発物の原料となり得る物質を取り扱う関係団体・企業が一体となり、爆発物を使用したテロや犯罪を抑止することを目的に、平成22年5月18日設立されました。

最近の国内の動き
 平成30年、愛知県の大学生が過酸化アセトン(TATP)など高い殺傷能力を持つ爆発物を製造したことにより逮捕されています。この大学生は、逮捕前に名古屋市内の公園で爆発実験を複数回行っており、その製造法は、インターネットを通じて得られていたとされています。

 また、平成31年には、この大学生とSNS上で交流があった東京都の高校生も同様に高性能爆発物の製造を行っていたことが判明しており、火薬類取締法違反の疑いで書類送検されています。
 このように国内では、若い人などを中心としてインターネットを媒介に、興味本位で爆発物の製造に手を染めている実態があります。こうした行為は、製造途中に誤って爆発し自ら死傷する危険性があるほか、爆発の威力によっては周囲にも大きな被害が出る危険性があります。
 本ネットワークは、こうした犯罪を防止するために活動を進めています。

ネットワーク会員

ネットワーク活動

お願い

雲
外事課TOPに戻る