治安情勢

 少年非行

古川警察署管内の令和2年中における少年非行等の検挙・補導状況は下表のとおりです。
特徴
  1.  少年の検挙・補導総数は130人で、前年に比べ122人(48.4%)減少している。
  2.  刑法で検挙・補導された少年8人を手口別に見ると「万引き」が最も多く5人、次いで「自転車盗」が4人になっている。
  3.  特別法で検挙・補導された少年は3人で、前年に比べ6人減少しており、内訳は、廃棄物処理法違反、迷惑防止条例違反である。
  4.  不良行為少年の補導数は、113人で「深夜はいかい」が最も多く51人、次いで「喫煙」29人、「粗暴行為」11人となっている。学生別では、高校生が58人で最も多く、全体の51.3%を占めている。

   令和2年 令和元年
総       数 130
(29)
252
(50)
刑 法 刑 法 犯 少 年 
(2)
22
(2)
触 法 少 年
(0)

(0)
小   計 14
(2)
23
(2)
特 別 法 特 別 法 犯 少 年 
(0)

(0)
触 法 少 年   0
 (0)

(0)
 小   計
 (0)

 (2)
ぐ 犯 ・不 良 行 為
少      年
113
(27)
220
(46)
                                    ※(  )は女性で、内数である。

 刑法犯の認知・検挙情報


古川警察署管内の令和2年中の刑法犯認知・検挙状況は下表のとおりです。
全刑法犯 凶悪犯 粗暴犯 窃盗犯 知能犯 その他
殺人
強盗
放火
強姦
暴行
傷害
脅迫
恐喝
空き巣
乗物盗
万引き等
詐欺
文書偽造
業務上横領等
住居侵入
器物損壊
公然わいせつ賭博等
令和2年中の認知件数 443
29
277 41
92
令和元年中の認知件数 654 40 448 38 123
令和2年中の検挙件数 210 26 132 24 24
令和元年中の検挙件数 260 35 169 13 38