本文へスキップ

宮城県警察本部生活安全部サイバー犯罪対策課は、サイバー犯罪の検挙と対策に取り組んでいます。

宮城県警トップ組織図

取組紹介


宮城県警察サイバーパトロール・モニター
宮城県警察大学生サイバーボランティア委嘱

テクニカルアドバイザー委嘱式

令和3年5月・6月・7月

 インターネット上の違法・有害情報を官民一体となって監視し、サイバー空間における県民の安全安心を確保するため、県下警察署から推薦を受けた4団体及び個人23名をサイバーパトロール・モニターとして委嘱するとともに、若い世代と連携した取組を行うため、県内の4大学から推薦を受けた大学生122名を大学生サイバーボランティアとして委嘱しました。
 なお、本年も新型コロナウイルス感染症感染予防の観点から警察本部における委嘱式は中止とさせていただきました。
【写真は、東北福祉大学における委嘱状交付の状況】

委嘱団体
 ○ サイバーパトロール・モニター
  ・キューアンドエー株式会社
  ・東日本チェスコム株式会社
  ・株式会社SJC
  ・株式会社ジェイコム埼玉・東日本仙台局
 ○ 大学生サイバーボランティア
  ・東北工業大学
  ・石巻専修大学
  ・東北福祉大学
  ・東北学院大学


サイバー犯罪対策テクニカルアドバイザー委嘱式

テクニカルアドバイザー委嘱式テクニカルアドバイザー委嘱式

令和3年4月・6月

 警察職員のサイバー空間の脅威への対処能力の向上を図るとともに、官民の連携を強化することを目的として3名の方を昨年に引き続き、1名の方を新規に「宮城県警察サイバー犯罪対策テクニカルアドバイザー」に委嘱いたしました。
 県内の宮城県警察サイバー犯罪対策テクニカルアドバイザーは、4名体制となりました。
   なお、本年も新型コロナウイルス感染症感染予防の観点から警察本部における委嘱式は中止とさせていただきました。
【上記写真については令和元年委嘱時のものを使用】

 サイバー犯罪対策テクニカルアドバイザー
 株式会社サイバー・ソリューションズ
  代表取締役社長 キニ グレン マンスフィールド 氏
 東北大学情報エナジー機構
  特任教授 曽根 秀昭 氏
 東北工業大学工学部情報通信工学科
  准教授 角田 裕 氏
 一般財団法人日本サイバー犯罪対策センター
  人材育成ワーキンググループ主査 木村 公也 氏


宮城県サイバーセキュリティ協議会総会

テクニカルアドバイザー委嘱式

令和3年5月14日

 宮城県サイバーセキュリティ協議会総会がオンライン開催されました。
 宮城県サイバーセキュリティ協議会は、令和元年5月8日に設立したもので、会員相互及び関係機関が緊密に連携し、サイバーセキュリティに関する施策の推進に努めるとともに県民生活の安全・安心の確保及び経済社会の活力向上等に寄与することを目的としています。






○【令和元年(平成31年)中の取組】
○【令和2年中の取組】

サブナビゲーション