宮城県公安委員会


公安委員会とは


 公安委員会制度の目的

 公安委員会は、警察が強力な執行力を持つ警察行政について、その運営の独善化を防ぎ、かつ、その政治的中立性を確保するためには、国民や県民の常識を代表する者が警察の管理を行うことが適切であると考えられることによるもので、国と各都道府県に設置されています。

公安委員会(警察本部庁舎) 公安委員会の組織、構成

 宮城県公安委員会は、警察法や地方自治法の定めにより設置された機関であり、知事の所轄の下に置かれた合議制による執行機関としての行政委員会です。 当県では、政令指定都市(仙台市)を有するため、警察法の定めにより5人の委員で構成されており、そのうち3人は知事が県議会の同意を得て任命し、他の2人は、政令指定都市である仙台市議会の同意を得て、仙台市長の推薦により知事が任命します。
 委員の任期は3年で、2回まで再任できることになっています。
 委員長は、委員の互選により選出され、任期は1年で、再任できることになっています。

 公安委員の選任条件

 公安委員は、広く県民の良識を代表し、豊富な経験と高い見識から警察を管理することができる方が選任されています。
 公安委員の任命については、警察法で一定の基準を定めており、「任命前5年間に警察又は検察の仕事を行った公務員でないこと。」という条件があるほか、県及び政令指定都市議会議員の被選挙権(25歳以上)を有する者であることなどが条件になっています。

公安委員会室 公安委員会の権限と仕事

 公安委員会は、県警察を管理する仕事を行っています。
 具体的には、原則として月4回定例会議を開催し、宮城県警察の基本方針や重要課題、各種施策等への取り組みなどについて報告、説明を受け、これに対して公安委員会としての基本的な考え方などを示し、宮城県警察の業務に反映させています。
 また、公安委員会の権限に関する事務に関しては、公安委員会補佐室などの宮城県警察に補佐させ、事務処理を行っています。
 具体的には、法令又は条例に基づいて

    ○ 公安委員会規則の制定
    ○ 警視正以上の階級にある警察官の任免に関する同意
    ○ 警察庁又は他の都道府県警察に対する警察職員の援助要求

などを行っているほか、次のような意思決定を行っています。

    ○ 風俗営業の許可及び営業の取消し又は停止
    ○ 質屋営業の許可及び許可の取消又は営業の停止
    ○ 古物営業の許可及び許可の取消し
    ○ 銃砲又は刀剣類の所持許可
    ○ 特定物質の運搬届出の受理及び運搬証明書の交付
    ○ 武器製造法に基づく経済産業大臣及び知事からの諸通報の受理
    ○ 火薬類等の譲渡、譲受の許可及び運搬届出の受理、運搬証明書の交付
    ○ 高圧ガスの製造許可等の通報受理
    ○ 液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律に基づく、通報の受理
    ○ 消防法に基づく、製造所、取扱所の許可による市町村長からの通報の受理
    ○ 核原料物質、核燃料物質等の運搬等届出書の受理及び運搬証明書の交付
    ○ 放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律に基づく運搬届の受理
    ○ 警備業法に基づく、警備業者の認定及び認定の取消し
    ○ 不正アクセス行為の禁止等に関する法律に基づくアクセス管理者に対する援助の実施
    ○ ストーカー行為等の規制等に関する法律に基づく警告を発出した際の報告受理及び禁止命令
    ○ 指定暴力団の指定、暴力的要求行為に対する中止命令、再発防止命令
    ○ 犯罪捜査のための通信傍受に関する法律に基づく傍受令状の請求手続き
    ○ 交通規制の実施、自動車運転免許の交付及び免許の取消し又は効力の停止
    ○ 道路管理者への意見及び道路の通行禁止、制限に関する通知の受理
    ○ 駐車場法に基づく知事への意見
    ○ 自動車ターミナル法に基づく国土交通大臣への意見
    ○ 保管場所が確保されていない自動車の運行供用の制限
    ○ 高速自動車国道法に基づく、国土交通大臣への意見及び通行禁止、制限に関する通知の受理
    ○ 自動車道の整備に関する法律に基づく、自動車の安全確保のための交通規制の実施
    ○ 災害対策基本法に基づく、災害発生時における緊急車両以外の車両の通行禁止又は制限 

委員の紹介 / 公安委員会とは / 活動状況 / 定例会議 / 苦情申出制度 / お知らせ / 古物商URL


トップページホームに戻る