留置されている方への面会・差入れなど

                                                         留 置 管 理 課
 【受付時間】

  面会・差入れの受付時間は、

   宮城県の執務日         午前9時 〜 午前11時30分 

                      午後1時 〜 午後4時30分    までとなっています。

  面会・差入れの申込みの際は、身分を確認できるもの(免許証、健康保険証など)を準備して来て下さい。
  ただし、裁判所から面会・差入れを制限する決定(「接見等禁止決定」といいます)がなされている場合には、裁判所の決定内容により面会・差入れが制限される場合があります。

 【差入れ】

 留置施設の保安上支障のあるものや、数量等に制約があり取扱いができないものがあります。
 差入れや取扱い品目の目安は、下表のとおりです。

現金  1回の差入れにつき3万円まで。
 (多額の所持金がある場合はご遠慮ください。)
衣類  ・ ひもや金属などが付いておらず、洗濯機での洗濯が可能なもの。
・ 留置施設内ではベルトが使用できないので、ズボンについてはひも  を除いたゴム付きのジャージなどが望ましい。 
・ 腹巻き、ひも状のキャミソール、ブラジャー、ガードル、ストッキング、  著しく長い靴下、ネクタイ等は不可。  
・ ひもがついているものは外してください。  
・ 着替えは概ね3日分(シャツ3枚、パンツ3枚)程度。 
書籍   公序良俗に反しないもので、1回の差入れは3冊まで。
 (ただし、雑誌等にホチキス針の付いた本については、あらかじめ針を取り除いて、紙ひもで綴りなおした場合のみ差入れ可) 
食料品  不可 (所持金で一定の品物が購入できます) 
その他  ・ 切手、便せん、封筒は差し入れできます。
・ バスタオル、洗面器などは不要です。 

※ 面会・差入れに関しては、来署の前に仙台中央警察署留置管理課にお問い合わせください
   お問い合わせ電話番号022−222−7171