三代目登米警察署庁舎の写真
三代目登米警察署

「『みやぎの明治村』景観にマッチした明治風の外装を取り入れた新庁舎」
[平成13年9月25日〜]
  三代目庁舎は、重要文化財の建物が点在する登米町の街並みに配慮し、明治時代の洋風建築の雰囲気を取り入れた庁舎(敷地4,829.49u、事業総額約9億7,000万円)で平成13年9月に新築落成し、同25日から業務を開始しております。
  新庁舎は、玄関スロープや低カウンターの設置、床面に点字ブロックの配置等のバリアフリー化や市民応接室の設置等市民の利便性に配慮した建物となっております。
  新庁舎での初仕事は、新世紀・みやぎ国体警備で、記念すべき仕事となりました。天皇皇后両陛下が登米町総合体育館(とよま蔵ジアム)で開催されたバスケットボール競技をご覧になりました。
玄関スロープの写真:拡大写真38KB カウンターの写真:拡大写真24KB 市民応接室・記者室の写真:拡大写真24KB 身障者用トイレの写真:拡大写真19KB
玄関スロープ 低カウンター及び
点字ブロック
市民応接室・記者室 身障者用トイレ