News & Topics

H29/ 11/22 蔵王 写真更新
H29/ 11/22 船形 写真更新
H29/ 11/22 二口 写真更新
H29/ 11/22 鬼首 写真更新 

山岳情報TOP

 冬山は、急激な天候の変化(吹雪雪崩れ)など、登山者にとって非常に厳しい自然環境の中にあり、遭難する危険性が非常に高いことから、安易な登山(入山)は慎みましょう。
 例年、全国各地で、冬山登山やバックカントリースキー(山スキー)による大変痛ましい事故が発生しております。
 無計画な登山は、命に関わる重大な事故に繋がりますので、自分や登山メンバーの体力を考え、十分な防寒対策気象情報の入手綿密な登山計画を立て、現地では安全を最優先に行動しましょう。
 また、できる限り複数での登山を心掛け、近くの山でも、行き先、帰宅時間を家族や知人に連絡し、万一の場合に備えて登山届も提出しておきましょう。
 (※ 登山届は、捜索救助活動の重要な手掛かりとなります。)

山岳気象を確認してください。
     
登山(入山)届リンク画像 登山(入山)届
  
  
山岳装備リストリンク画像 山岳装備リスト

山岳地図・写真

 蔵王連峰  船形連峰
   (熊野岳・刈田岳・烏帽子岳・屏風岳・不忘山
   ・雁戸山 など)
   (船形山・白髭山・泉ヶ岳・大倉山 など)
 栗駒鬼首  二口山塊
   (栗駒山・虚空蔵山・須金岳・荒雄岳・禿岳 
   など)
   (大東岳・面白山・神室岳・糸岳 など)
山小屋状況へのリンク画像 山小屋状況
  宮城県内熊情報

山岳遭難事故発生状況

  平成28年は
 
  ○ 原因別では、半数以上が滑落・転倒などによる遭難
   
 年代別では、遭難者約8割が60歳代 以上の方となっております。
     
 「計画登山を心掛けてください。」
   平成29年   平成28年
   平成27年   平成26年
 Miyagi Prefectural Police.(2017.11.22)

地域課のトップへ戻る