万引き防止マスコット
         「マンボウ」
初発型非行「万引き」を防止するために!



  
  警察では、「宮城の少年を非行から守る宮城県万引き防止対策協議会」を始めとする関係機関・団体等と連携し、「万引きは、しない・させない・許さない」を合言葉に、少年非行の入口(「万引き」、「自転車盗」、「オートバイ盗」、「占有離脱物横領」の4罪種・手口をまとめて「初発型非行」と呼びます。)と言われる「万引き」を防止するため、学校での非行防止教室や各種キャンペーンの開催等の対策を強力に推進しています。

                                      宮城県万引き防止対策協議会へ  

万引防止チラシ(日本語版)

防止偷盗行为(中文版)

子どもたちへ

 万引きは「どろぼう」、たった1度でもりっぱな犯罪です。
 万引きを手始めに、いろいろな犯罪を犯すようになってしまい、後戻りできなくなることもあります。 
 万引きが見つかったとき、例え品物を返したり、お金を支払ったりしても、万引きしたことが許されるわけではありません。
 例えば友だちに万引きを誘われたときは、はっきりと断りましょう。
 そして、友だちが万引きをしようとしていることが分かったときには、「いけないよ」と止めてあげられる勇気と優しさを持ちましょう。

保護者の皆様へ

 万引きは、より悪質な少年非行への入口(初発型非行と呼ばれています。)と言われており、そのままにしておけば、非行が急速に進むおそれがあります。
 万引きした品物の殆どは、家庭に持ち込まれています。
 日ごろから、お子さんの部屋には、家族の誰もが自由に出入りできるような雰囲気づくりを心がけてください。
 お子さんが「○○さんから借りた」などと話したら、相手の家族に、自然な形で借りている品物を確認してください。
 もしもお子さんが万引きをしてしまった場合には、怒鳴ったりすることなく、理由や原因をしっかり聞いた上で諭すように叱ってあげることにより、何が悪かったのかをお子さんに理解させ、心からの反省を促すように努めてください。

~お店の方へ~

 万引きが多く発生する時間帯に、店員・保安係の巡回を増やし、「いらっしゃいませ」などと声掛けを行うようにしてください。
 万引きされやすい商品は、レジの近くなど目の届きやすい場所に陳列してください。
 見通しの悪い売り場には、防犯カメラや防犯ミラーを設置するなどして、死角を無くすような店内の配置に心がけてください。
 仮に万引きが発生した場合には、子どもに反省する機会を与え、次の犯罪を起こさせないためにも、警察に対する届出を確実に行ってください。

万引き防止モデル基準(例)




  万引きで検挙・補導された少年の推移(過去10年)
● 刑法で検挙・補導された少年に占める万引きの割合について
区分/年 平成
19年
平成
20年
平成
21年
平成
22年
平成
23年
平成
24年
平成
25年
平成
26年
平成
27年
平成
28年
少年(刑法)
(人)
1,581 1,543 1,396 1,301 969 896 653 606 495 404
うち万引き
(人)
328 339 371 443 271 250 195 140 132 124
万引きの
割合(%)
20.7 22.0 26.6 34.1 28.0 27.9 29.9 23.1 26.7 30.7
  刑法に触れる行為をして検挙・補導された少年の総数は、年々減少し、平成28年の検挙・補導人員は404人と、10年間で1,177人(74.4%)減少しています。
  万引きで検挙・補導された少年の総数は、平成28年は124人で、平成19年と比べて204人(62.2%)減少し、過去10年で最少となりました。
  刑法犯少年に占める万引きの割合について、平成28年は30.7%を占めています

平成28年中の少年による万引きの実態 万引き防止テーマソング
 マンボDEマンボー

万引き防止
マスコットのつくり方