宮城県警察広告事業(デジタルサイネージ設置業務)募集 
 
 宮城県警察では、新たな広告事業として、平成31年度宮城県警察広告事業(運転免許センターデジタルサイネージ設置業務)の設置者を募集しています。
 運転免許センターの待合ホールにデジタルサイネージを設置し、広告主の募集や広告の掲載、警察広報の掲載等を行っていただくものです。
 
 
 
『平成31年度宮城県警察広告事業(デジタルサイネージ設置業務)募集要項』
 対象施設の所在、名称等
施 設 名 称 所 在 地 年間来場者数
石巻運転免許センター 東松島市赤井字南一134 約59,000人
古川運転免許センター 大崎市古川大宮三丁目4-30 約64,000人
仙南運転免許センター 柴田郡大河原町字南平3-1 約73,000人
    ※年間来場者数は、過去5年間における平均人数です。 
 広告掲出期間
平成31年4月1日から平成32年3月31日まで
※1年単位で更新することができます。(最長5年間) 
 仕様書
 別紙1(PDFファイル)のとおり
 広告料金
 
 広告料金は、広告掲出料と行政財産使用料の合計額となります。
 なお、広告料金は、納入通知書により指定する納入期限までに一括納入していただきます。
※行政財産使用料は、広告の設置に伴う行政財産の目的外使用に係る料金で、財産の交換、譲与等に関する条例(昭和39年宮城県条例第19号)の規定に基づき策定するものです。 
 申込方法
(1)  申込受付期間 
   平成30年11月13日(火)から平成30年11月26日(月)まで【必着】 
(2)  申込書類 
 運転免許センターデジタルサイネージ設置業務申込(見積)書
 会社の業務内容が分かる会社概要等の資料 
 ウ  法人登記事項証明書又は定款若しくは寄付行為の写し(個人事業主の場合は、住民票抄本)  
 エ  暴力団等に該当しない旨の誓約書 
 オ  デジタルサイネージの概要が分かる資料(設置計画、仕様・図面等)
(3)  受付方法
   必要事項を記入・押印の上、持参又は郵送により提出してください。 
    ※持参する場合の受付時間は、平日の午前9時から午後5時までです。 
(4)  質問の受付及び現地説明 
 質問については、平成30年11月1日(木)から同年11月7日(水)までの間、質問票によりFAX又はメールで受け付けます。
 回答は、質問者に送付するとともに、当ホームページで公開します。
 現地説明を希望する場合は、問合せ先まで連絡願います。
 設置者の決定
   申込書類の審査を行い、宮城県警察広告事業実施要綱の広告基準等を満たしている者を選定対象者とします。
 選定対象者のうち、予定価格以上で最高の価格をもって見積もりした者を設置者とします。
 なお、決定となるべき同価の見積もりをした者が2者以上あるときは、抽選により決定します。
※契約金額は、見積金額に消費税及び地方消費税を加算した金額とします。 
  ※契約に当たっては、広告掲出料のほか、行政財産使用料及び使用に伴う電気等料金実費を負担していただきます。 
   
 掲出できない広告
  (1)  宮城県警察広告事業要綱の「広告基準」(PDFファイル)に反するもの
  (2)  県税の滞納がある者の広告
  (3)  警察の広告事業として不適切なもの
 関係規定等
(1)  宮城県警察広告事業実施要綱(PDFファイル)
(2)  契約の条件(PDFファイル)
 申込・問合せ先
 宮城県警察本部総務部装備施設課 管財係
 〒980-8410 仙台市青葉区本町三丁目8番1号
 電 話:022-221-7171(内線2283) FAX:022-221-7211
 E-mail:so-kaik.4-1@mail.police.pref.miyagi.jp
   
 
 御提供する資料はPDFファイル形式になっています。このファイルを御覧いただくためにはアドビ社のAdobe Reader又はAcrobat Readerが必要になります。Adobe Reader及びAcrobat Readerは、アドビ社のホームページ等で無償で配布されています。 お持ちでない方はこちらからどうぞ

アドビへ
 

課のトップページへ 県警トップページへ