犯罪情勢

 管内治安情勢(平成29年11月末現在)
 刑法犯認知状況
(1)  総数
区分 H29 H28 増減 増減率
認知件数 225 331 -106 -32.0%
(2)  内訳
平成29年11月末現在
区 分 重要犯罪 粗暴犯  窃 盗 知能犯 その他
(性犯含む)
合  計
侵入窃盗 非侵入盗 乗物盗 小 計
H29 1 16 26 92 22 140 23 45 225
H28 7 28 33 162 21 216 22 58 331
増 減 -6 -12 -7 -70 +1 -76 +1 -13 -106
(3)  特徴点
 全体で前年比で106件(約-32.0%)減少した。
 刑法犯罪の約62.2%が窃盗である。
 「その他」は、住居侵入・器物損壊・占脱・わいせつなどである。
2  少年非行の状況
平成29年11月末現在
区  分 平成29年 平成28年 増  減
総  数 74(9) 86(6) -12(+3)
刑法犯少年 6(0) 10(0) -4(0)
  犯罪少年 6(0) 6(0) 0(0)
触法少年 0(0) 4(0) -4(0)
特別法犯少年 0(0) 2(0) -2(0)
ぐ犯・不良行為少年 68(9) 74(6) -6(+3)
※( )内は、女子で内数
主な特徴点
 総数は74人で、前年より12人減少している。
 刑法犯少年は6人で4人減少している。
 罪種は、暴行、傷害、公務執行妨害等である。
 ぐ犯・不良行為少年は68人で前年に比べ6人減少している。         
 ご案内マップへ
警察署トップへトップページに戻る

宮城県警察/白石警察署/交通事故状況