許可申請等に必要な書類等 














 平成27年3月1日より、銃刀法施行規則の改正に伴い、以下の点が変更されていますのでご注意下さい。
 各種申請用紙の様式が変更となりました。
 写真(6か月以内に撮影した無帽、正面、上三分身、無背景。以下同じ)のサイズがライカ版から、縦3p×横2.4pのサイズに変更となりました。尚、猟銃等講習会の申込みに係る提出枚数は2枚→1枚となります。ただし、各種申請に係る提出枚数は従来どおり2枚となります。
 精神保健指定医師等の他、過去に申請人の心身の状況を診断したことのある医師(ただし、精神保健指定医師等と同等の知識を有する医師)が作成した診断書が添付書類として使用できることになりました。
 戸籍抄本の提出が不要となり、本籍地記載の住民票のみの提出となりました。
 射撃教習資格認定申請の際、同居親族書の提出が必要になりました。
 申請書に欠格事由のチェック項目を追加したことにより、誓約書の提出が不要となりました。
 射撃教習修了証明書の交付を受けてから1年以内に所持許可申請を行う場合、一部添付書類の省略が可能です。(診断書の場合は作成から3ヶ月以内であれば再使用可能です。
  ただし、内容に変更がある場合は省略はできません。
   

 猟銃等講習の受講申込み(初心者・経験者)

・ 申請人の写真  1枚 

 射撃教習資格認定申請(現に猟銃の所持許可を受けていない場合)

・ 申請人の写真  2枚
・ 診断書 (精神保健指定医等が作成したもの)
・ 住民票の写し(本籍地記載のもの)

・ 講習修了証明書(提示。コピーを頂く場合があります)
・ 経歴書
・ 同居親族書

・ 破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者に該当しない旨の市町村(特別区を含む。)の長の証明書

 所持許可申請((※)については前記2の射撃教習修了証明書交付から1年以内に申請を行う時は省略可能。)

・ 申請人の写真  2枚 
・ 診断書 (精神保健指定医等が作成したもの)
・ 住民票の写し(本籍地記載のもの) (※)
・ 講習修了証明書(提示。コピーを頂く場合があります)
・ 教習修了証明書(提示。コピーを頂く場合があります。また、猟銃の場合のみ必要です)
・ 経歴書 (※)
・ 同居親族書(※)
・ 譲渡等承諾書
・ 推薦書(日本体育協会の推薦を受けることが条件の場合、その推薦書)
・ 破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者に該当しない旨の市町村(特別区を含む。)の長の証明書(※)

             ○ 申請書類の主なものは次のとおりです。(pdfファイルです)


 

詳しいことは、最寄りの警察署生活安全課にお問い合わせ下さい。

課のトップへ

県警トップへ

戻る