技能講習の開催について

 所持許可を受けた猟銃の更新等については、鳥獣被害特措法により技能講習が免除される方、宮城県公安委員会から射撃指導員として指定されている方等の免除対象者を除き、技能講習が必要となります。
 ご自身の猟銃の許可年月日を確認の上、余裕を持った技能講習の受講をお願いします。

 ◎平成27年3月1日より、銃刀法施行規則の改正に伴い、申込書の通数が2通から1通になり、添付する写真の提出が不要になりました。

 鳥獣被害特措法により技能講習が免除される方については こちら
射撃場 技能講習受講可能銃種
仙台綜合射撃場 散弾銃
志たかぢや綜合射撃場 ライフル銃(公称口径22のへり打ち以外)・散弾銃
ライフル銃及び散弾銃以外の猟銃(サボット弾等専用銃)
鳴子町クレー射撃場 散弾銃 
宮城県ライフル射撃場 ライフル銃(公称口径22のへり打ちのみ)
宮城県クレー射撃場 散弾銃

必要書類等

 ・  技能講習受講申込書 1通  印鑑(シャチハタ以外)
 ・  宮城県収入証紙 12,300円
○ 技能講習申込書 (PDFファイル:18KB)

【注意】

 ・  受講申込書の「受講場所欄」に、射撃の実施方法を必ず記載してください。
 (スキート射撃、大口径ライフル銃等射撃、フィールドトラップ射撃等。詳しくは各射撃場に確認してください。)
 各射撃場ともに受講可能人数については限りがありますので(1回当たり3〜6人)、住所地を管轄する警察署に各開催日の1か月前から1週間前までに申し込みをお願いします。
(各射撃場の開催予定は、各警察署で確認してください。)
 基本的に平日開催となっておりますが、射撃場によっては、土日に開催できる場合がありますので、ご希望の方は直接射撃場に確認してください。
   申請時に、警察署で予約を行いますので、場合によっては、ご希望の日時、射撃場以外になる場合もありますので御了承ください。

各射撃場連絡先

仙台綜合射撃場  仙台市青葉区芋沢大沢権現森山47  022−262−1151
志たかぢや綜合射撃場  登米市東和町米川字松坂142−7  0220−22−2330
鳴子町クレー射撃場  大崎市鳴子温泉字湯元67−3  0229−83−4358
宮城県ライフル射撃場  石巻市沢田字金山51−1  090−3127−2345
(宮城県ライフル協会事務局 五十嵐)
宮城県クレー射撃場  柴田郡村田町大字足立字大平山1−24  0224-84−6551

課のトップへ

県警トップへ

戻る