宮城県警察本部 生活安全部 生活安全企画課 犯罪抑止対策係

  
 [統計情報] [主な手口] [被害防止ドラマ・CM] [パンフレット・ポスター] [被害に遭われた方へ(被害者支援室)]

←前年統計  平成28年の特殊詐欺被害認知状況  翌年統計→
平成28年中の特殊詐欺被害の件数・金額の確定値です。(平成29年6月更新)
※金額は概数のため、それぞれの項目の合算と合計に差異が生じる場合があります。


  認知件数 被害金額(万円)
H28 前年比 H28 前年比
オレオレ詐欺 74 -77 21,139 -23,239
架空請求詐欺 123 +36 28,920 +281
融資保証金詐欺 12 -1 1,188 -500
還付金等詐欺 44 -30 4,361 -4,247
振り込め詐欺合計 253 -72 55,608 -27,706
金融商品等取引 6 -9 8,741 -7,411
ギャンブル必勝情報 7 0 677 -1,771
異性交際あっせん 1 0 1,070 +1,032
その他 3 +1 440 -1,160
振り込め類似詐欺合計 17 -8 10,928 -9,309
特殊詐欺合計 270 -80 66,536 -37,015
 被害者の年代別特徴は、
 60歳代:14% 70歳代:26% 80歳代:22%
と、約6割が60歳以上の方であり、性別では
女性:60% 男性:40%
と、被害者の半分以上が女性でした。

  
 送金件数では、電子マネーが最多で、送金額では手交(手渡し)が4割以上を占めています。
 平成27年秋からコンビニ等で購入する電子マネーのギフトカードによる被害が増加しています。
 このため送金方法は、手交型 郵送型 振込 電子マネーの4つに分類されています。
 窓口振込は金融機関で声掛けを強化されたため、少額の振込に利用されています。

【件数】 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
オレオレ詐欺 5 18 4 6 6 8 8 3 7 2 5 2
架空請求詐欺 8 14 12 10 4 5 14 6 8 8 13 21
融資保証金詐欺 1 2 0 0 1 2 2 0 1 0 0 3
還付金等詐欺 2 1 8 6 2 2 4 4 6 3 4 2
振り込め類似詐欺 0 0 0 0 2 2 0 3 1 2 4 3
特殊詐欺合計 16 35 24 22 15 19 28 16 23 15 26 31
【金額】(万円) 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
オレオレ詐欺 2,274 5,900 700 1,600 362 1,614 2,113 870 2,197 530 2,480 500
架空請求詐欺 1,201 4,780 1,610 4,158 3,382 2,737 1,424 670 2,423 462 3,504 2,570
融資保証金詐欺 27 153 0 0 18 581 100 0 77 0 0 233
還付金等詐欺 289 64 1,097 562 150 200 335 399 455 237 324 250
振り込め類似詐欺 0 0 0 0 440 419 0 47 1,091 0 7,650 1,281
特殊詐欺合計 3,790 10,897 3,407 6,320 4,351 5,551 3,971 1,986 6,242 1,229 13,957 4,834


パトカーと町並みのライン

[宮城県警察本部トップページへ] [生活安全企画課へ] [犯罪抑止対策トップページへ]