融資保証金詐欺被害増加中
新たな手口
 「担保・保証人なしで高額融資」「多重債務を一本化」などとダイレクトメールや文書等を送付したり、雑誌等に広告を掲載するなどして、融資申込者に対し、保証金や 手数料等を名目に現金を預金口座等へ振り込ませるなどし、現金をだまし取る手口です。
架空の貸金業者登録番号を明示したり、大手金融会社のチラシの電話番号を差し替えて融資を勧誘する悪質・巧妙なケースもあります。
対策
貸金業者登録番号を明示していなかったり、電話番号が携帯電話の番号の場合は怪しい業者と思いましょう。
一度振り込んだ後にも再三の振込要求があれば、なお怪しい
 ダイレクトメールや現金振込伝票を持参してすぐに警察に相談しましよう。
(注)貸金業者登録の有無については、インターネット上に掲載されている金融庁の「登録貸金業者情報検索サービス」(http://clearing.fsa.go.jp/kashikin/index.php)をご利用いただくか、財務局又は都道府県の貸金業担当課までお問い合わせ下さい。
「振り込め詐欺急増中」をご覧下さい