宮城県警察鉄道警察隊の沿革と任務等


沿革
 ○   鉄道警察隊は、旧国鉄の分割民営化と鉄道公安制度の廃止に伴って、鉄道にかかる公安維持のため全国的に設置されることとなり、昭和62年4月1日に発足しました。


任務
 ○   「鉄道施設における個人の生命、身体及び財産の保護、犯罪の予防及び検挙、事故の防止、その他鉄道にかかる公共の安全と秩序の維持に当たる」
こととなっています。


主たる活動
 ○   任務達成に向けた
  鉄道施設における犯罪の予防活動   電車のイラスト1
  鉄道施設における警戒警ら活動  
  重要な鉄道施設の警戒警備活動  
  鉄道施設における雑踏警備活動   電車のイラスト2
  列車への警乗活動  
  列車による現金その他物品輸送の警備  


活動の区域
 ○   宮城県内の東北新幹線、在来線私鉄線等(地下鉄を含む)の鉄道沿線、施設及び沿線周辺の全域が活動の区域となります。
  区域内の列車や鉄道施設、沿線などを中心に制服や私服での警戒活動を通じ、各種犯罪・事故の防止活動や検挙活動を行っています。

鉄道警察隊TOPページへ