鳴子警察署の沿革

---
明治15年10月
古川警察署鳴子分署並びに同署岩出山分署が置かれる。
明治19年7月
玉造郡に岩出山警察署が新たに置かれ、鳴子分署はその管轄に編入された。
昭和23年2月
自治体警察発足により、鳴子警察署並びに岩出山警察署が置かれる。
昭和29年7月
警察法の改正により、地区警察署が廃止となって鳴子警察署が発足し、 岩出山警察署は鳴子警察署岩出山派出所(現岩出山交番)となる。
昭和53年9月
旧庁舎解体、同地に新庁舎が建設され現在に至っている。
平成18年3月
鳴子警察署管轄の玉造郡鳴子町と玉造郡岩出山町が古川市等と合併し、 大崎市となった(庁舎所在地:大崎市鳴子温泉字車湯92番地12)。
平成19年8月
鳴子警察署署所在地交番中山平連絡所が廃止となった。
平成22年1月
鳴子警察署署所在地交番川渡連絡所が廃止となった。
旧鳴子署庁舎の写真(昭和53年以前)

最初のページに戻ります。