緊急地震速報で慌てないために

緊急地震速報の利用心得について紹介します。


 平成19年10月1日から、大規模地震の揺れを事前に知らせる「緊急地 震速報」の運用が始まっています。
 緊急地震速報が発表された際に、慌てることのないよう次の利用心得を参考に、適切な行動に努めて下さい。
緊急地震速報の利用心得
@  自動車運転中は、後続車が緊急地震速報を受信していないおそれもあるので慌ててブレーキをかけず、ハザードランプを点灯するなど、周囲に注意を喚起した上でゆっくり停止し、大きな揺れを感じたら急ハンドル、急ブレーキを避け、道路状況を確認し道路左端に停止する。
A  家庭にいるときは、頭を保護し、大きな家具から離れ、丈夫な机の下等に隠れ、慌てて外へ飛び出さない。その場で火を消せる場合は火の始末をし、火元から離れている場合は無理に消火しない。
B  多人数が集まる施設では、係員の指示に従い落ち着いて行動し、慌てて出口に走り出さない。
C  屋外(街)にいるときは、ブロック塀等の倒壊、看板ガラスの落下に注意しビルのそばから離れる。
D  エレベーターに乗っている時は、最寄りの階で停止させ直ぐに降りる。
E  鉄道・バス乗車中は、つり革・手すりをしっかり握る。
F  山や崖付近にいた場合は、落石・崖崩れに注意する。
緊急地震速報とは
 「緊急地震速報」とは、地震の発生直後に、震源近くで観測された初期微動(P波:縦揺れ)の観測データから震源や地震の規模を推定し、各地の主要動(S波:横揺れ)の予想到達時刻・震度を知らせるものです。
 「緊急地震速報」によって、あらかじめ地震の揺れに備えた行動がとれるようになるので、火の始末・危険な作業の中断・避難行動などにより、被害の軽減が期待されます。
 「緊急地震速報」に対する十分な知識が無い場合、パニックを引き起こしたり思わぬ事故を誘発するおそれがあります。
 「緊急地震速報」は被害を抑える有効な手だてではありますが、その運用には限界があります。
@  緊急地震速報が発表されてから主要動が到達するまでの時間は、長くても数秒から数十秒と極めて短く、震源に近いところでは情報の提供が間に合わないことがある。
A  ごく短時間のデータを元に予測した情報であるため、予測された震度には誤差を伴うことがある。
安全情報へもどる