認 知 機 能 検 査 に つ い て

運転免許の更新期間満了日に75歳以上となる高齢運転者は、高齢者講習 の前に認知機能検査を受けていただきます。

検査の目的

@検査の結果に基づいたわかりやすい講習を行うことで、高齢運転者の皆さんの安全運転を支援します。
Aもしも記憶力・判断力が低くなっていることがわかった方は、専門医の診断を受けるか医師の診断書を提出することとなります。

検査の内容

時間の見当識

受検時の「年」・「月」・「日」・「曜日」・「時間」を答えていただきます。 
手がかり再生  16種類の絵を見ていただき、後でどんな「絵」があったか答えていただきます。 
時計描画  時計の文字盤を1〜12までの数字を入れて書いていただきます。
その時計に指定した時刻を示すように「針」を書いていただきます。
手数料 650円                検査時間 30分    
(注) 検査の結果によって、高齢者講習の内容が変わります。

                                      

70歳〜75歳未満の方又は75歳以上で記憶力・判断力に心配がないと判断された方   75歳以上の方で記憶力・判断力が少し低くなっている又は低くなっていると判定された方
双方向型講義           30分 双方向型講義             30分     
運転適性検査            30分 運転適性検査              30分   
実車指導               1時間 実車指導                  1時間   
                    個別指導等               1時間
                   計 2時間                       計 3時間

                                                              




☆詳しくは、警察庁ホームページ「認知機能検査について」をご覧ください。 

UP『更新など、各種手続きについて』へ戻る。

  運転免許センタートップへ