停止処分者講習のご案内 (長期)


 停止処分中に車を運転しますと無免許運転になり、最低2年間、運転免許を取得できません。



 停止処分者講習とは、運転免許の停止処分等を受けた方に対し、安全運転に必要な知識や適性、技能等を再確認してもらい、以後の安全運転に役立てていただくための講習です。

メリット及び注意すべき点
 この講習を受講すると受講時の考査成績により、それぞれの処分日数に応じて停止処分期間が短縮されます。
 処分期間中は絶対に運転をしないでください。処分期間中に自動車等を運転すると、無免許運転となり運転免許が取り消されます。


講習の区分と短縮日数
 90日〜120日の停止処分を受けた方は、最大で処分日数の50%に当たる日数まで短縮されます。
 150日の停止処分を受けた方は、最大で70日間短縮されます。
 180日の停止処分を受けた方は、最大で80日間短縮されます。

受付時間
月曜日 午前8時30分から午前8時50分

受付場所
宮城県運転免許センター 4階

講習日・時間
月・火曜日 12時間 (1日目6時間、2日目6時間)


 
 講習は、2日間連続して受講していただきます。
 なお、講習日うち月曜日が祝日の場合は、火曜日と水曜日で講習を行います。
 火曜日が祝日の場合は、講習は行いません。


講習場所
宮城県運転免許センター 講習室


講習手数料
   25,200円

講習の申込
 運転免許停止処分書裏面《講習の案内について》に記載された日
 講習は、連続2日間受講していただきますので、あらかじめ仕事などの調整をしてから受講してください。

携行品
● 運転免許停止処分書 (停止の処分を受けた日に渡されます。)
 講習手数料
 視力の条件がある方は、メガネ又はコンタクトレンズ
 筆記用具


服装
運転に適した履き物と服装で受講してください。
 サンダル、ハイヒール、下駄では受講できません。
 受講される方は、乗車に適した服装でおいでください。

免許証の受取り
講習を終了された方
 停止期間が終了した日(講習済証に記載されている満了日)の翌日以後に、住所地を管轄する警察署で受け取ってください。
講習を受講されなかった方
 停止期間が終了した日の翌日以後に住所地を管轄する警察署で受け取ってください。


警察署の取り扱い日時

 警察署の執務時間は、月曜日〜金曜日の午前8時30分から午後5時15分までです。(土曜日・日曜日・祝日・休日・年末年始の休日を除く。)免許証の受取りは、執務時間内にお願いします。
 執務時間外に受取りを希望される方は、住所地を管轄する警察署の交通課に連絡をとって時間等を打ち合わせてください。
 



問い合わせ先

仙台市泉区市名坂字高倉65
宮城県運転免許センター 運転教育課講習係
電話 022-373-3601 内線 442・443


各種講習についてへ 『各種講習について』へ戻る

運転免許の取消・停止へ『運転免許の取消し・停止について』へ戻る

課のTOPへ