2月 今月の広報重点
ボタン   少年をネット被害等から守るためのフィルタリングの普及と保護者のインターネットリテラシー向上に向けた啓発活動の推進 ボタン   冬山登山等における遭難及び雪害被害の防止
ボタン   冬道の安全運転「1・2・3運動」
ボタン   サイバー空間の脅威に立ち向かう社会全体の意識の向上  
戻る

サイバー空間の脅威に立ち向かう社会全体の意識の向上
~ サイバーセキュリティ月間と注意すべき事例 ~
        2月1日~3月18日はサイバーセキュリティ月間です
 サイバーセキュリティに関する問題が多数報じられています。誰もが安心してITを便利に利用するためには、国民一人ひとりがセキュリティについて関心を高め、これらの問題に対応していく必要があります。
 このため、政府ではサイバーセキュリティに関する普及啓発活動のため、2月1日から3月18日までをサイバーセキュリティ月間としています。
        メールでの架空請求詐欺に注意!
 
メールで「サイトの未払い料金があります。ご連絡なき場合には法的手続に移行します。」など、裁判を行うことを匂わせて記載された電話番号に電話をさせようとしたり、料金を請求する架空請求詐欺が発生しています。記載された電話番号に電話をすると架空請求を行っている者に個人情報を知られることとなりますので、電話はせず、無視するようにしてください。
 
        フィッシングサイトに注意!
 フィッシングサイトとは、銀行やショッピングサイトの正規のホームページにそっくりな偽のホームページを作成し、それに気が付かずにホームページにアクセスした人にIDやパスワードを入力させて、それらの情報をだまし取り、ネットバンクやショッピングサイトからお金をだまし取る行為のことです。正規サイトかどうかしっかり確認してから利用するようにしましょう。
        偽ショッピングサイト被害多発!
 ショッピングサイトで商品を購入し、代金を支払ったのに商品が届かないという被害が多発しています。ショッピングサイトで商品を購入する際は、そのショッピングサイトが正規のサイトであるか、聞き慣れないサイトの場合には評判等を確認してから購入するようにしましょう。
 
サイバー犯罪対策課のページへ