1月 今月の広報重点
ボタン   冬山登山等における遭難及び雪害被害の防止 ボタン   暴力団排除条例の積極的な広報
ボタン   110番通報の適切な利用の促進   ボタン   冬道の安全運転「1・2・3運動」の実施
戻る


暴力団排除条例の積極的な広報
 ~ 県民生活の安全と平穏は 暴排条例で守られる! ~

 

  「暴力団排除条例とは?」 

  暴力団排除条例とは、「暴排条例」と言われており、各都道府県毎に制定されています。
          「社会全体で暴力団を排除していくこと」を基本理念として
    県民や事業者に対して暴力団との取引や暴力団に資金提供をしないよう義務付ける。
  というものです。
 
 「違反行為の具体例は?」

     
①暴力団の威力を利用して金品等を与えること
     ②暴力団に協力するために金品等を与えること     
     ③不動産譲渡(賃貸)契約等の措置

     などがあります。                     


 「違反したらどうなるの?」 
 

 ● 条例の規定に基づき、公安委員会は、関係者に対し、報告又は資料の提出を
  求めます。
 ● 報告または資料により、条例の規定を遵守しておらず、暴力団排除活動に支
  障が生じていると認められた場合は、必要に応じて必要な措置を講じるように勧
  告します。
 ● 正当な理由が無く、報告又は資料の提出を拒んだり、又は正当な理由が無く、
  勧告に従わない場合、公安委員会は、その関係者を公表することになります。
「条例の適用事例」
 飲食店等を営む事業者が、暴力団の威力を利用する目的で、暴力団組員に
現金を供与したことから、同時業者と同組員に対して勧告を実施した。
『条例の遵守により、社会から暴力団排除を!』
 
     ~ 暴力団を恐れない、暴力団を利用しない             
          暴力団に金を出さない、暴力団と交際しない ~
 暴力団追放イラスト
暴力団対策課のページへ