11月 今月の広報重点
ボタン   犯罪被害者等支援活動の周知と参加の促進及び犯罪被害給付制度の周知徹底  ボタン   指名手配被疑者の捜査強化
    ボタン   暴力団排除条項の導入と表明確約書の積極的な活用
ボタン   女性に対する暴力対策の推進  
ボタン   児童虐待防止対策の推進   ボタン   夕暮れ時の交通事故防止運動の実施
ボタン   児童ポルノの根絶   ボタン   飲酒運転の根絶
戻る

夕暮れ時の交通事故防止運動の実施
~ 早めのライト点灯 反射材でライトアップ ライト(右側)注意 ~

 夕暮れ時の交通事故防止「ラ・ラ・ラ運動」実施中
 
イラストライト点灯車  「ラ」イトオン(Light on)
早めのライト点灯
 日暮れが早くなり、周りが見えなくなるので早めにライトを点灯しましょう。
 横断歩行者を早く見つける、自車の存在を歩行者等に知らせるという効果があります。
 ライトは、上向きが基本です。対向車や周囲の状況に応じて、ライトを上向き・下向きとこまめに切り替えましょう。
 
イラスト反射材を付けた歩行者  「ラ」イトアップ(Light up)
目立つ装備・服装
 歩行者は、夜間外出する際、白色や明るい色の服装をしたり、反射材やLEDライトを有効に活用しましょう。
 ドライバーからも見つけられやすい工夫をしましょう。
 
イラストドライバーは右側歩行者注意  「ラ」イトケアフル(Right careful)
右側注意
 ドライバーは進行方向右側からの横断歩行者に気をつけましょう。
 横断歩行者を「最優先」に優しさと思いやりのある運転に心がけましょう。
 歩行者は、道路を横断する時は左右の安全を確認し、横断後半は左から来る車両に注意しましょう。
歩行者事故の特徴(平成29年9月末)
 ・ 夕方17時~19時に多発
 ・ 6割が道路横断中の事故
 ・ 夜間は、左から来た車両と衝
  突した事故が多く発生
 時間別歩行者事故発生グラフ
交通企画課のページへ