宮城県警察交通管制センター
安全と快適をめざして
 交通管制センターとは
  交通管制センターでは、仙台市内や県内主要都市の信号機をオンラインで結び、車両感知器、テレビカメラ、パトロールカー、ヘリコプターなどで収集した交通情報により、きめ細かい信号制御を行います。
  また、これらの交通情報を交通情報板、ラジオ、カーナビ等によりドライバーの皆さんにリアルタイムで提供し、安全で快適な交通環境の実現を目指しています。
交通状況表示盤   高速道路等の主要道路、交通監視カメラ画面、交通渋滞状況、交通規制等の各種情報をリアルタイムで表示しています。
交通状況表示板
 交通管制センターのしくみと役割
情報の収集 やじるし 情報の分析 やじるし 信号機の制御・情報の提供
  交通情報の収集
 車両感知器、テレビカメラ、パトロールカー、ヘリコプターなどにより、交通渋滞や交通障害などの情報を収集します。
パトロールカー ヘリコプター
【パトロールカー】 【ヘリコプター】
テレビカメラ 車両感知器 光ビーコン
【テレビカメラ】 【車両感知器】 【光ビーコン】
  交通情報の分析
 収集した交通情報は、交通管制センターのコンピュータで分析し、信号機の表示時間をコントロールしたり、交通状況表示板に渋滞状況などを表示します。
交通管制卓 交通情報分析状況
【交通管制卓】 【交通情報分析状況】
  収集した情報をもとに情報の提供や、パトカーなどに指令を行います。   収集した情報に基づき、渋滞や交通傷害の状況が交通状況表示板に自動的に表示されます。
 信号機の制御と情報の提供
 渋滞や交通規制等の情報は、交通管制センターのコンピュータで処理され、渋滞状況などに応じた信号制御を行います。また、情報は交通情報版、ラジオ、カーナビなどを通じてドライバーにリアルタイムで提供されます。
交通信号機 矢印 矢印 交通情報板
【信号機の制御】 【情報板の交通情報提供】
交通管制センター
矢印 矢印
カーナビ 放送
【カーナビへの情報提供】 【放送による情報提供】
 交通管制センターの効果
交通情報の緩和 警察官のイラスト 交通公害の防止
  交通状況に応じて、信号機をコントロールすることにより渋滞や混雑を緩和します。   円滑な交通流が確保されることにより、停止・発進時の排ガスや騒音が減少し、人にやさしい環境をつくります。
交通事故の減少 省エネルギーと環境保護
  渋滞や混雑を緩和させたり、交通情報を提供することにより、イライラ運転などによる事故が減少します。   スムーズな流れにより、目的地までの時間が短縮でき、車の燃料が節約され、省エネルギーに貢献しています。




交通規制関係の紹介
・ 道路交通情報を知りたい

日本道路交通情報センターへ

・ 新しい交通管理システムについて知りたい
社団法人 新交通管理システム協会へ

・ 交通規制全般について知りたい
警察庁交通規制課のホームページへ
課のトップへ 県警トップへ