機動救助部隊 機動隊旗
機動救助部隊とは
 暴風、豪雨、豪雪、洪水、高潮、地震、津波、噴火などの異常な自然現象、山岳遭難、航空機事故、列車事故、爆発事故その他の突発重大事故に対応する部隊です。
 現場活動に備えて、倒壊家屋、埋没車両、酸欠現場を想定した訓練のほか、ロープレスキューシステム、県警航空隊と合同でヘリコプター救助訓練、山岳訓練を行っています。

1 宮城県内及び隣県の山岳地域で発生した山岳遭難事故などに、地上部隊または宮 城県警察航空隊の救助ヘリコプターで出動して捜索救助活動を実施しています。
2 蔵王連峰、船形連峰、二口山塊、栗駒山などで、山岳遭難救助訓練を実施してい ます。
3 災害発生に対して、広域緊急援助隊、特別救助班として出動し、捜索救助活動を 実施しています。
県警ヘリ 県警ヘリ
ロープシステム
捜索2
主な活動内容
1 平成23年3月11日に発生した東日本大震災に対して
 ○ 宮城県警察航空隊、支援の警察航空隊ヘリコプターと合同した捜索救助活動
 ○ 海岸線岩壁の波打ち際にロープ降下して捜索活動
 ○ 急病者搬送、支援物資輸送活動、治安維持活動、情報収集活動
を実施しました。また、蔵王連峰、船形連峰、二口山塊、栗駒山などの山岳遭難救助活動を行っています。
部隊ページへのリンク
広域緊急援助隊 ヘルメットと盾
水難救助部隊 NBCテロ対応専門部隊
機動隊機能 機動隊トップページへ 航空隊のページへ

機動隊トップページへ