広域緊急援助隊・特別救助班 機動隊旗
広域緊急援助隊マーク     広域緊急援助隊とは
  平成7年に発生した阪神淡路大震災を教訓にして、同年6月に災害対策の専門部隊として発隊しました。
 部隊の任務は、被災情報の収集及び被災者の救出救助活動等で、高層ビル、倒壊家屋、酸欠現場、土砂災害等の現場を想定した訓練を行っています。
 
特別救助班(P−REX)とは
 
平成16年に発生した新潟中越地震を教訓にして発足した極めて高度な救出救助能力を持つ部隊です。
 平成17年4月、12都道府県に18部隊、東北では宮城県警察に設置されました。平成29年4月、新たに4府県に4部隊が増設され、現在は16都道府県に22部隊が設置されています。
 
倒壊家屋捜索活動 倒壊家屋捜索活動
災害訓練 災害訓練
洪水救助活動 洪水救助活動
災害訓練 災害訓練
冠水道路上における救助活動 冠水道路上におけるウニモグ走行
災害救助活動 孤立地域のヘリ救助活動
   
 主な活動内容
1  平成17年12月25日に山形県内で発生したJR羽越本線列車脱線事故に宮城県警察P−REXが出動して活動を実施しました。
  平成20年6月14日に発生した岩手・宮城内陸地震に対して、被災各地各所において被災者の救出救助活動、行方不明者の捜索救助活動を実施しました。
 倒壊した駒ノ湯温泉では、支援のP−REXと合同で捜索救助活動を実施しました。
  平成23年3月11に発生した東日本大震災に対して
  〇 宮城県警察航空隊と支援の警察航空隊ヘリコプターに搭乗した捜索救助活動
  ○ 海岸線岸壁の波打ち際にロープ降下して捜索活動
  ○ 急病者搬送、支援物資輸送活動、治安維持活動、情報収集活動
を実施しました。
  平成23年9月21日、台風15号に伴う石巻市内の洪水地域に、車高の高い救助車(ウニモグ)で出動して、水没車両、土砂災害の恐れがある地域から多数の被災者を救助しました。
 平成27年9月11日、関東東北豪雨(大雨特別警報)に伴う大和町吉田川の氾濫、大崎市堤防決壊に対して、車高の高い救助車(ウニモグ)で出動して、水没車両、孤立建物などから多数の被災者を救助しました。
  平成28年8月30日、台風10号(岩手豪雨)に伴い岩手県下閉伊郡岩泉町に出動して、小本川氾濫地域の介護施設、孤立地域等から、宮城県警察航空隊、支援の警察航空隊ヘリコプターで多数の被災者を救助しました。
 県内外の防災訓練に参加しているほか、取り壊し予定の建物を利用したコンクリート削岩訓練、宮城県警察航空隊合同ヘリコプター救助訓練等を実施しています。
部隊ページへのリンク
ヘルメットと盾 機動救助部隊
水難救助部隊 NBCテロ対応専門部隊
機動隊機能 機動隊トップページへ 航空隊のページへ
機動隊トップページへ