振り込め詐欺に注意!

気仙沼署管内の被害概要
手口 被害概要
架空請求
  身に覚えの無い携帯サイトの料金催促メールを受け取った。
電話をかけて、確かめると「退会費用を支払ってほしい。」と言われ、現金を郵送した。
その後、「他の携帯サイトの退会費用も支払ってほしい。」と言われ、さらに現金を郵送した。
 

  「携帯サイトの退会処理をしていない。このままだと法的措置をとる。」というメールを受信。
サイトの退会処理をしたいと電話をかけ、言われるままに現金を支払った。
さらに「別の携帯サイトの退会処理も済んでいない。」と言われ、さらに送金した。
オレオレ
  息子を騙る者から「携帯を変えたので番号も変わった。」と連絡がきた。
再度電話がかかってきて、「騙されて借金してしまい、返すあてが無い。」と言われ、送金した。
その後「まだ借金が残っている。」と連絡がきて、さらに送金した。
金融商品等取引
宝石販売のパンフレットが送付されてきた。
知らない男から電話で「パンフレットを持っている人にしか宝石を購入できない。あとでパンフレットを受け取りに行くが、その前にお礼をするので宝石の予約をしてほしい。」と言われ、予約した。
その後、男から「受け取りに行く者が急病で行けなくなった。内金だけでもよいので支払ってほしい。」と言われ、現金を支払った。

  株式販売のパンフレットが送付されてきた。
知らない男から電話で「パンフレットを持っている人しか株式を購入できない。代金は会社で支払うので名義だけ貸して欲しい。」と持ちかけられた。
その後、「違法な名義貸しのせいで会社の口座を止められた。解消するためには株を買ってもらう必要がある。」と言われ、その後現金を渡した。
当署発行の防犯広報紙
「気仙沼市内で高額現金がだましとられる」
(地域安全ニュース きずな bQ)
・ 詐欺の手口は常に増えています!
県内での最近の手口は?
    オレオレ詐欺  

 電話の相手は本当に息子?
  電話口で息子の実名を話す。
「携帯電話番号が変わった」と話す。
「会社の金を使った」「借金をした」などと話す。

 →  ・ 「携帯電話が変わった」という電話は間違いなく「詐欺」です。
・ 必ず家族や警察に相談する。
     
 本当に警察官!?
  「○○警察署の●●です」
  「カードを変えた方がいい」
「家族構成も教えて欲しい」
「銀行協会の者が行くからキャッシュカードを渡して欲しい」
「お宅の口座からお金が引き出されている」
 「暗証番号を教えて欲しい」
 →  ・ 警察官や銀行協会(金融庁職員)等が暗唱番号を聞き出すことはありません。
・ 本当の警察官(銀行関係者)か最寄りの警察署などに確認する。
・ お金を振り込む、キャッシュカードを渡す前に家族や警察に相談する。
   架空請求詐欺    
     
 身に覚えがない請求は無視!
携帯電話に使っていないサイトの登録料や延滞金の請求のメールや電話が来る。
  一度請求に応じると何度も請求される。
「後から返金される」というウソで振り込ませようとする。
 →  ・ 身に覚えの無い料金請求は無視する。
・ メールや電話だけの請求は詐欺と疑い知人や警察に相談する。
   金融商品取引詐欺
    
 儲け話は危険!
自宅にパンフレットが送付される。
  「パンフレットをもらった人しか社債(未公開株)を購入することができない」と電話で話される。 
「社債を高い金額で買い取る」と話される。
 →  ・ 電話での勧誘はすぐに応じない。
・ 儲け話は安易に信じない。
・ お金を振り込む前に家族や警察等に相談する。
   融資保証金詐欺
 融資前に請求?
   ファックスで融資を案内する。
融資を前提とした保証金などの名目でお金を振り込ませる。
 一度、振り込むと様々な名目でお金を振り込ませる。
 →  ・ 融資を前提に料金請求されたら「詐欺」です。
・ 貸金業登録されている業者か確認する。
振り込めは あわてず 急がず まず相談 
警察相談電話「♯9110」
又は
「022−266−9110」

トップへ
トップページへ戻る