子どもと女性のための安全情報

お知らせ
安全対策
発生状況
ダウンロード
安全対策

子ども被害対策 下着どろぼう対策 チカン被害対策 性犯罪被害対策

リストマーク 下着どろぼう対策

下着どろぼう対策

 洗濯物(下着)を盗んで捕まった犯人は、
     たまたま目に付いた
     それからはいつも見ていた
と供述する者がいます。
 ですから、可能な限り下着類は他の衣類とは別にして、室内に干すことが被害に遭わない最善の対策です。

 空き巣型の手口対策として、戸締まりをきちんとしておくのは基本ですが、
     犯人に目をつけられないようにすること
も大切です。
 下着どろぼうに限らず、女性宅を狙う性犯罪者は、
     カーテンの色や柄であたりをつける手口
があります。

 これから一人暮らしを始める場合は、
     ○ 裏地がついていて外から色や柄がわからないカーテン
     ○ 窓枠のサイズに合った(外からのぞかれることのない)ブラインド
などを用意するとよいでしょう。

 また、玄関扉に郵便受けがついている場合は、
     郵便受けから室内をのぞいて、女性が住んでいることを確認する手口
があります。
 これから一人暮らしを始める場合は、
     ○ 出入口がオートロック式で防犯カメラが設置されているか否か
     ○ 郵便受けが集合タイプか否か
     ○ 玄関扉の郵便受けに、のぞき防止の室内カバーがついているか否か
     ○ 付近の路上に、街灯などの照明が多数設置されているか否か
を基準に物件を選ぶとよいでしょう。

 下着どろぼうの被害に遭う場所は、自宅だけとは限りません。
 自宅以外での下着どろぼう被害は、
     ○ コインランドリー
     ○ 宿泊施設
などで発生しています。

 コインランドリーでの被害対策として、
     ○ 防犯カメラがある店舗を利用する
     ○ 特に乾燥中は、店舗から長時間離れない
ようにしましょう。

 宿泊施設では、客室に侵入して貴重品を盗むついでに下着を盗む手口があります。
 特に客室の扉がオートロックの場合は、油断して窓やベランダのサッシ戸の施錠を忘れてしまい、窓やベランダから侵入されることがあります。
 旅行中は、特に気を引き締めて、
     客室の戸締まりをきちんとする
ように注意しましょう。


パトカーと町並みのライン

[宮城県警察本部トップページへ] [子どもと女性のための安全情報トップページへ]