子どもと女性のための安全情報

お知らせ
安全対策
発生状況
ダウンロード
お知らせ
   全国的に小中学生や、女性が被害に遭う凶悪事件が続発しており、宮城県警察ではこれら子ども・女性を対象した事件の未然防止と再発防止のため、警戒を強化しております。
これらの事件の中には、お子さん自身や保護者の皆さん、あるいは地域の皆さんが注意したり、お互いに協力し合うことにより被害を未然に防げるケースもあります。
 ここでは皆さんに気をつけていただきたいポイントや、県内の声かけ事案等の発生状況を紹介しますので子どもたちや女性が悲惨な事件の被害に遭わないよう、防犯パトロール等に活用していただきたいと思います。
 
  ■子ども女性対象脅威事犯発生のお知らせ   New!  
  宮城県警では、子どもや女性に対する誘拐や性犯罪などの重大事案に発展するおそれのある事案を「子ども女性対象脅威事犯」と定義し、対応を図っています。
 子ども女性対象脅威事犯の発生情報については、「みやぎSecurityメール」などにより情報発信しておりますが、連続して発生した事案や特異な事案など、特に県民のみなさんにお知らせすべき事案を以下にまとめますので防犯の参考にして下さい。
     
 番号  事案名   日時  犯人の特徴  被害者  発生場所付近
一帯の地図
 1  太白区で連続発生している公然わいせつ事案  平成29年1月から  30〜50歳くらい、黒色ジャンパー  10〜30歳くらい 発生場所(地図)
 2  青葉区、宮城野区及び若林区で連続発生している公然わいせつ等事案   平成29年6月から  50〜60歳くらい、オレンジ色上衣、キャップ帽、自転車使用  小中学生 発生場所(地図)
 

■「子どもを犯罪の被害から守る条例」の施行について

 宮城県では、平成28年1月1日に「子どもを犯罪の被害から守る条例」が施行されました。
 この目的は、犯罪の危険から身を守る能力が低い子どもを地域社会全体で守っていくことです。

 この条例では、【子どもの生命又は身体に危害を及ぼす犯罪に発展するおそれのある行為の禁止(第7条)】が定められています。
 事件を目撃した際の速やかな警察への通報をお願いします。
[表裏(2.15MB)]
リーフレットのダウンロードはこちら
条文のダウンロードはこちら
 
 
■Downloadコーナーを新設・リーフレットを公開しました
 これまで作成したリーフレットをダウンロードすることができるよう、Downloadコーナーを新設しました。
 現在公開しているリーフレットは、
 ・「セルフディフェンス宣言」
 ・「こわーいめにあわないための7つのおやくそく」
 ・「一人暮らしを始める皆さんへ」
 ・「一人暮らしをしている女性の皆さんへ」
 ・「事業者の皆様へ」
 ・「賃貸オーナーの皆様へ」
 ・「子どもを犯罪の被害から守る条例」
〜 性犯罪被害防止対策
〜 子どもの犯罪被害防止対策
〜 性犯罪被害防止対策
〜 同上
〜 同上
〜 同上
〜子どもの犯罪被害防止対策
です。
 是非、ご活用ください。(データの閲覧にはAdobe社のAcrobatReaderが必要です)   



「知らない人には、ついていかない!」ポスター

子ども向けの防犯ポスターを掲示しています

 宮城県のご当地ヒーロー未知ノ国守(ミチノクニノカミ)ダッチャーさんにご協力いただき、子ども向けの防犯ポスターを作成しました。

 現在、各警察署・交番のほか、一部のJR駅構内、コンビニエンスストアほか各種店舗内に当ポスターを掲示しています。

 子ども達が犯罪被害に遭わないようにするためには、
     ・知らない人には、ついていかない
ということを徹底し、「おかしい、こわい」と思ったら
     ・すぐ逃げる
     ・大人に知らせる
ことも指導する必要があります。

 このポスターを見かけたら、改めてお子さんへの指導をお願いします。(詳しくは子ども被害対策の家庭での話合いをご覧ください)
 
 
 

パトカーと町並みのライン

[宮城県警察本部トップページへ]  [子どもと女性のための安全情報トップページへ]