宮城県警察警察官・警察職員採用案内 県警トップページへ > 採用案内トップページ

〒980-8410 仙台市青葉区本町三丁目8番1号
  宮城県警察本部警務部警務課採用係
   フリーダイヤル 0120-204-606
(9:00〜17:45 土・日・祝祭日除く)




地域部門
◎パトカー等によるパトロール活動 ◎110番受理、指令の通信指令業務
◎県警ヘリコプター及び警察用船舶の運用 ◎水難、山岳遭難における人命救助
◎鉄道施設における犯罪捜査活動 など
地域の安全を守るパトロールで犯罪や事故を未然防止
 地域部門は、地域住民と接する機会が多く、住民と密着した街頭活動や的確な犯罪の予防・検挙活動により、地域の安全安心を確保しています。パトカーの機動力をいかす機動警ら隊や、110番を受理して警察署に緊急配備などを指令する通信指令課、鉄道施設での捜査活動を行う鉄道警察隊などがあります。
 特に日々のパトロールは、県民の日常生活の安全と平穏を確保するため欠かせない活動です。機動警ら隊は、仙台市内とその周辺地域をパトカーで巡回し、「動く交番」として各種事件・事故の初動捜査を担当しており、機動力をいかして事件や事故に素早く対応し、犯罪の検挙や事件の解決に努めています。
 また、機動警ら隊などに所属する楽器経験者は、広報広聴課兼務で宮城県警察音楽隊の活動に参加する場合もあります。県民と警察を結ぶ「音の架け橋」として、地域安全運動や交通安全運動、仙台七夕まつりでの演奏、定期演奏会などのさまざまな活動を通じて警察業務の広報を行っています。

県民の目線に立った親身な対応で安心感を与える
 事件・事故に遭って困ったとき、110番通報をして最初に現場で接するのは機動警ら隊や交番の警察官です。相手が焦っているときこそ微笑みを絶やさず落ち着かせ、「この警察官になら安心して話ができる」と思ってもらえるような対応を心掛けています。警察官の仕事はその責任の重さから決して楽ではありませんが、やりがいのある仕事です。これからも県民の信頼に応え、地域の安全を守る活動ができるよう努めて行きたいと思います。
 
駐在所勤務員からのメッセージ  
 駐在所では家族同伴で勤務しますので、昼食を家族と一緒に食べたり、日々、子供の成長を感じながら仕事をしています。これは警察や交番勤務では経験できない魅力だと思います。
また、地域の方々と接する機会が多いので、皆さんの期待と要望に応え、その成果を直に感じられることは大きなやりがいです。