県警トップページへ > 採用案内トップページ

〒980-8410 仙台市青葉区本町三丁目8番1号
  宮城県警察本部警務部警務課採用係
   フリーダイヤル 0120-204-606
(9:00〜17:45 土・日・祝祭日除く)




経験を活かして警察官になろう!

〜団体職員から警察官へ〜  <<平成24年度採用 巡査>>
                                      
受験のきっかけ
 人のために働ける、頼りにされる職業に就きたいと思い、大学4年生の時に宮城県警察官を受験しましたが1次試験で不合格という結果でした。団体職員として勤務しながらも、警察官になる夢を捨てきれなかったため、6年後に再受験しました。
試験対策
 仕事の都合で勉強する時間はあまりありませんでしたが、教養試験の参考書を買って、受験する年の正月から毎日1時間コツコツと勉強しました。体力検査は母校で部活動の指導をしていたこともあり、体力に自信があったので特に対策は取りませんでした。
前職での経験
 お客様の相談対応や大勢の前での営業などでコミュニケーション能力を向上させてきました。警察官になってからは、巡回連絡や立番での声かけなど、様々な場面でこれまでの経験を活かすことができています。
前職との違い
 前職では職場での教養等が全くなく、「習うより慣れろ」という状態でしたが、警察は職員への教養や受入れ体制がしっかりしていると感じます。
メッセージ
 「まず、試験を受けてみる」ことです。前職では仕事に追われる時期があり、警察官の試験を断念した期間がありますが、受験の申込みをしなければ、合格する可能性はゼロなので、まず、受験をすることが重要だと思います。