広域緊急援助隊
創設
 警察では、阪神・淡路大震災における活動を通じて得られた貴重な体験を踏まえ、大規模災害対策の一層の充実について検討を行いました。
 その結果、平成7年6月1日、大規模災害に即応でき、かつ高度の救出救助能力と自活能力等を持つ災害対策専門のエキスパートチームが創設されました。それが、広域緊急援助隊です。
広域緊急援助隊の旗
 マーク全体は鳥をイメージし、部隊の迅速な出動を表現しているほか、鳥の胴体は日本列島、翼はセーフティー・スピーディー・スペシャリストの「S」、赤色の丸は被災者救出に寄せる広域緊急援助隊の情熱、黄色の丸は警察と地域の輪を、それぞれ示しています。
任務
 国内において大規模な災害が発生し、又はそのおそれがある場合、都道府県の枠を超えて迅速に出動し、直ちに被害情報や交通情報の収集、被災者の救出救助、緊急通行路の確保等の活動に従事します。
 これらの任務を的確に行うため、
・ 先行情報班
・ 救出救助班
・ 交通対策班
・ 隊本部班
の各班から編成されています。
先行情報班
 ヘリコプター等により迅速に被災地へ赴くとともに、ヘリコプター、オフロードバイク等を活用して、被害情報、交通情報等、災害対策のための必要な情報を多角的に収集し、警備本部に報告します。
先行情報班写真 先行情報班写真
救出救助班
 高性能な救出救助資機材、災害活動車両等を活用し、被災者の救出、行方不明者の捜索等、災害から直接人命を守る活動を行います。
 中でも、平成17年4月には、平成16年の「新潟県中越地震」の教訓を踏まえ、広域緊急援助隊から選抜した隊員で構成する、『特別救助班』が東北では唯一、宮城県警察に設置されました。
 『特別救助班』は極めて危険で困難な現場での、被災者の迅速・的確な救出救助活動に従事することを主な任務としています。
救出救助班写真 救出救助班写真
交通対策班
 災害応急対策に従事する要員等が迅速に被災地に到着できるよう、緊急通行路の確保、緊急通行車両の先導等を行います。
交通対策班写真 交通対策班写真
隊本部班
 現場活動を支援するために必要な車両、装備資機材等を輸送、供給します。
隊本部班写真 隊本部班写真
→関連する機動隊のページへ
  →災害対策室のトップへもどる