宮城県警察科学捜査研究所

Forensic Science Laboratory, Miyagi Prefectural Police H.Q
.
  法医のページへ 化学のページへ 工学のページへ 文書のページへ 心理のページへ リンクページへ  
科学捜査研究所

科学捜査研究所の概要


 科学捜査研究所には法医・化学・工学・文書・心理の分野があります。それぞれの分野で専門的知識・技術を応用して、事件に関係のあるいろいろな資料について検査・鑑定を行っており、その結果が犯罪捜査や裁判の証拠として利用されています。

法医 DNA型の検査 等
化学 薬毒物、工業製品の鑑定 等
工学 銃器、交通事故の鑑定 等
文書 筆跡、印影、印刷物の鑑定 等
心理 ポリグラフ検査


宮城県警察科学捜査研究所の歩み
 
昭和29年7月1日
宮城県警察発足と同時に鑑識課法医理化学係として設置される。

昭和43年4月1日
鑑識課犯罪科学研究室となる。

昭和53年4月1日
鑑識課科学捜査研究所と改称

平成8年4月1日
鑑識課から独立し宮城県警察科学捜査研究所となる。



  宮城県警トップへ宮城県警組織図へ