宮城の豊かな自然環境を守るために

 廃棄物の不法投棄や野外焼却は、自然環境を損なうとともに、将来にわたって、悪臭・地下水汚染などの公害問題を発生させ、回復困難な負の遺産として残ります。
 県民一丸となって不法投棄・野外焼却に対する関心を高め、宮城のすばらしい環境を守りましょう。
 ≪主な違反≫
チェック車検切れになった廃自動車を山林に捨てた。(不法投棄)
チェックコンクリート殻等の建築廃材を埋め立て投棄した。(不法投棄)
チェック建物解体で生じた廃材を空き地で焼却した。(焼却の禁止)
チェック無許可業者に廃棄物の処分を委託した。(委託基準違反)
チェック行政指導を無視し、命令に従わなかった。(改善・措置命令違反)
チェック無許可で廃棄物の収集・運搬・処分をした。(無許可処理業)
不法投棄の写真
注意マーク野外焼却行為は例外を除き禁止されています
 
<野外焼却の例外となる場合>
  • 廃棄物処理基準に従う焼却
  • 法令又はこれに基づく処分により行う焼却(伝染病で死亡した家畜の焼却)
  • 公的機関がその施設管理のために行う焼却(河川敷の草焼き、道路側の草焼き)
  • 災害の予防、応急対策、復旧に必要な焼却
  • 風俗慣習上又は宗教上の行事のために必要な焼却(どんと祭)
  • 農林漁業を営むためにやむを得ないものとして行われる焼却(焼き畑、魚網にかかったゴミの焼却)
  • 日常生活で通常行われるものであって軽微なもの(落ち葉焚き、キャンプファイヤー、芋煮会)
 
  • 警察では、あわび等の磯根資源の密漁、野鳥の密猟、河川の汚濁犯罪
    の取締りも強化しています。
 みやぎくん 環境犯罪・悪質商法相談電話  022−261−1110番
警察本部又は最寄りの警察署・交番・駐在所へ
課のトップへ県警トップへ