「ヤミ金」被害に遭わないために

 ヤミ金融は、雑誌の広告欄や電柱等に低額融資をうたい文句に融資の勧誘をしてきます。
 申し込みの電話をすると、審査名目で個人情報を聞かれ、融資を受けなくても契約解除手数料の請求を自宅や勤務先に頻繁に行い、要求金額を振り込ませる手口を使います。

また、融資を断っても、審査の段階で教えた口座に勝手に現金を振り込み、高額の利息を請求する「押貸し」という手口も使います。
ヤミ金融資イラスト
 

ヤミ金被害に遭わないために 

 1 ヤミ金融に電話をしない
  • 「即融資」「低金利」などそんなにうまい話はありません。
  • ヤミ金は、自分から電話をかけてきた人を放っておくわけがありません。ヤミ金には電話をかけないことが一番です。
 取り立てイラスト
 2 ヤミ金融を利用しない
  • ヤミ金融は、正規の金融会社ではなく、違法な組織です。
  • リスクの高い犯罪を正規の金融会社よりも低金利で行うことは、常識で考えてあり得ないことです。
 3 ヤミ金融に個人情報を知らせない
  • 自分や家族の住所、名前、電話番号、勤務先などをヤミ金融に教えることは、様々な嫌がらせをされる原因になります。
 

被害に遭ってしまったら 

 1 相手の話を聞かない
  • 相手の話を聞けば、不安に陥り、相手の思うつぼです。
 相談イラスト
 2 頻繁に電話がある場合
  • 非通知電話の着信拒否、相手の電話番号を着信拒否する等の
  • 電話会社が提供する迷惑電話お断りサービスを利用しましょう。
 3 実際に取立てに来た場合
  • 違法営業をしている業者が、自ら姿を見せることはほとんどあり得ませんが、仮に自宅や勤務先に直接来た場合は、110番通報をしましょう。
課のトップへ 県警トップへ