第3回協議会
開催日 平成28年10月14日(金)
出席者 警察署協議会委員 5人
警察署側 署長以下10人
議事概要等
 開会
 委員6人中5人の出席で協議会成立を報告
 挨拶
  (1)  加美警察署協議会副会長
     皆様こんにちは。
 本日は、会長欠席のため代行を務めさせていただきますが、何しろ不慣れなものですので、議事の円滑な進行に御協力を願います。
 まず、挨拶がわりに私から皆様へお話させていただくのは、十数年前に仕事の関係で東南アジアのマレーシアやインドネシア、シンガポール、タイへ行ったことがあり、色々な考え方を学びました。
 東南アジアには公安警察と宗教警察があり、これら外国には日本のような「交番」は無かったのですが、インドネシアに日本の優れた交番の仕組みを導入するために、日本警察における人材の育成や、仕組み作りの支援を行うことにより、「ジャカルタにも交番ができた。」とジャカルタ在住の友人から聞いています。
 私は、日本の警察は、「公明正大・公平公正・清廉潔白であり、世界に誇れる。」と考えておりますので、是非、頑張ってください。
(2)  加美警察署長
     警察署協議会委員の皆様には、日頃から警察業務に御理解をいただき有り難うございます。
 さて今年も早いもので10月となり、全国地域安全運動期間中であり、当署では、犯罪発生を抑止し、安全安心を実感できる地域社会の実現を目指した活動に努めております。
 また本日午前中には、当署において一日警察署長を委嘱し、振り込め詐欺や強盗被害防止等に備えた防犯活動に取り組んでおり、また9月には、秋の交通安全県民総ぐるみ運動に従事し、交通取締りや交通死亡事故抑止活動に努めてきたところであります。
 本日は、協議会委員の皆様からの貴重な意見を賜りまして、警察署の活動に反映させていきたいと考えておりますのでよろしくお願いします。
 報告事項等
(1)  管内の治安情勢について
【刑事課長】
     刑法犯認知・検挙状況について(平成28年8月末現在)
 ・ 刑法犯     認知件数: 75件 (前年比− 5件) 
             検挙件数: 23件 (前年比−16件) 
             検挙率  : 30.7%
 ・ 重要窃盗犯  認知件数: 15件 (前年比+8件) 
             検挙件数:  5件 (前年比+2件)
             検挙率  : 33.3%
 特徴
  ア 本年8月末までの全刑法犯認知件数75件中、55件が窃盗犯で
   あり、主な手口別の内訳では、侵入盗(空き巣5件、忍込み10件)
   が15件、万引き12件、部品ねらい4件、車上ねらい7件、置き引き
   2件などとなっている。
  イ 前年同期と比較し、刑法犯の認知件数は減少傾向であるが、重要
   窃盗犯の認知件数が増加傾向にあり、また、オレオレ詐欺や性犯罪
   の発生は無かった。
  【生活安全課長】
     非行少年等の検挙補導総数について(平成28年8月末現在)
       非行少年等の検挙・補導総数  21人(前年比−36人)
  〈内訳〉
    ・ 刑法犯少年    2人(前年同期比±0人)
      罪種は、暴行
    ・ 不良行為少年 18人(前年比−33人)
      行為種別〜不健全性的行為、不健全娯楽、深夜はいかい等
    ・ 学識別 〜小学生1人、中学生4人、高校生9人
             有職少年2人、無職少年2人
  【交通課長】
     交通事故発生状況について(平成28年8月末現在)
     ・ 死亡事故    1件(前年比+1件)
   人身事故  38件(前年比+2件)
   物損事故 332件(前年比−4件)
 ・ 特徴
   多発時間帯
        7:00〜11:00   12件(31%)
       13:00〜16:00   15件(40%)
       17:00〜20:00    7件(18%)
   多発路線
        国道347号      10件(27%)
        国道457号       7件(18%)
        県道            5件(13%)
        町道           13件(35%)
        その他          2件( 7%)
   多発事故形態  追突事故 17件(46%)
          交差点出会い頭 12件(32%)
   町村別発生状況
       加美町 人身事故   31件:死者0人、負傷者38人
             物損事故  272件
       色麻町 人身事故    7件:死者1人、負傷者6人
             物損事故   60件
   飲酒運転事故の発生状況 加美町 物損事故 2件
                     色麻町        1件
  【警務課長】
     相談・苦情受理状況について(平成28年8月末現在)
     ・ 相談受理状況
   相談受理件数 344件(前年比−16件)
   〈内訳〉
     ストーカー事案             2件
     DV事案                13件
     迷惑行為                41件
     家庭・職場・近隣関係(家事問題) 26件など
 ・ 苦情受理状況
    受理件数      2件
   〈内訳〉
     警察に対する苦情      1件
       苦情内容〜パトカーの運転に対するもの
     公安委員会に対する苦情  1件
       苦情内容〜相談対応に対するもの
(2)  加美警察署における最近の取組について
  【生活安全課長】
     犯罪の未然防止活動関係について、報告します。
 ・ 非行防止・防犯教室及び不審者対応訓練の実施(5月〜8月)
 ・ かみまち娘と連携した特殊詐欺被害防止広報(6月18日)
 ・ 夏祭り等における防犯・非行防止キャンペーン活動(6月〜8月)
 ・ 金融機関に対する強盗訓練の実施(8月5日・同23日)
 ・ 住宅を対象とした防犯診断の実施(7月、8月)
  【交通課長】
     交通事故防止活動関係について、報告します。
 ・ 加美町十日市自治会に対する交通安全教室の開催(5月23日)
 ・ 加美警察署員に対する交通安全体験研修(5月24日)
 ・ 加美地区安全自転車リーダー育成講習会の開催(5月25日)
 ・ 安管事業所「積水ハウス(株)」に対する交通安全講話(7月6日、
  同13日)
 ・ 加美地区交通安全協会宮崎支部優良運転者講習会の開催(7月
  8日)
 ・ 加美地区交通安全協会色麻支部優良運転者講習会の開催(7月
  19日)
 ・ 安管事業所「加美よつば農協」に対する交通安全講話(7月22日、
  同25日)
 ・ 安管事業所「ナカリ(株)」に対する交通安全講話(7月28日)
  【議長】
     只今、管内の治安情勢や最近の取組等について説明がありました。
 これらについて、委員の皆様から意見はございますでしょうか。
  【委員】
     「ぐ犯・不良行為少年」の検挙補導総数が、昨年の51件から本年は18
件と大幅に減少しておりますが何か理由があるのですか。
  【生活安全課長】
     「ぐ犯・不良行為少年」の検挙補導総数が大幅減少したことに対する具
体的な理由はありません。
 昨年は、各地域において開催されたお祭り等において、不良行為少年の補導が多かったことから総数が増加したものです。
  【議長】
     他に意見や質問がなければ、協議に移ります。
 協議事項
   【交通課長】
   それでは、今回の協議である
  ○ 「速度取締り指針」
  ○ 「管内の交通情勢」
に対する説明をいたします。
  (1)  加美警察署における「速度取締り指針」について
 ・ 加美警察署の速度取締り重点
 ・ 加美警察署管内における交通事故実態等
 ・ 取締り要望
 ・ その他の交通指導取締り要点
  (2)  加美警察署における「速度取締り指針」の見直しについて
 ・ 策定経緯
 ・ 「速度管理」の定義
 ・ 指針の概要
 ・ 指針の検証と見直し
 ・ 指針の公表
  (3)  平成28年下半期の加美警察署速度取締り指針について
 ア 過去3年間の交通事故発生状況
  ・ 交通事故原因別
  ・ 重点エリア内の発生状況
  ・ 路線別発生状況
  ・ 時間帯別発生状況
 イ 本年上半期における人身交通事故の発生状況
 ウ 指針の見直しについて
  (4)  加美警察署における平成28年度8月末までの交通事故発生状況
  (5)  加美警察署における交通事故の発生状況と死亡事故の特徴
  (6)  交通死亡事故多発緊急事態宣言について
  (7)  改正道路交通法について
 ・ 高齢運転者対策の推進
 ・ 準中型免許の新設
 意見・要望等
 【委員】
  鍋越峠の冬期開通はどうなるのか。
  除雪対策や、携帯電話の通話が可能なのか質問します。
 【交通課長】
    昨年まで、冬期間の鍋越峠(国道347号)は全面通行止めとなっていまし
 たが、今年から日中のみ通行可能となりました。
  ですから、通行止めとなるのは冬期間の夜間時間帯である
        平成28年12月1日〜平成29年3月31日
        午後7時から翌日午前7時まで
 となり、これに対して警察と加美町が連携して除雪対策をとります。
  除雪は、道路管理者に依頼して実施することになりますが、早め早めに
 警察から除雪依頼することで対応予定です。
  携帯電話については、以前と比べ、鍋越峠における通話可能な場所が広
 がっておりますが、未だ圏外となる場所が残っている状況です。
  ですが圏外となる範囲は狭まっておりますので、警察では、無線機や公用
 の携帯電話機を駆使して現場対応したいと考えております。
   【委員】
    警察の高齢者運転者対策について質問します。
   【交通課長】
    警察では様々な高齢者対策に努めていますが、ここでは、来年3月12日
 に改正される道路交通法について説明します。
   ○ 臨時認知機能検査(新設)
      75歳以上の運転者が、認知機能が低下した時に起こしやすい違反
    行為をしたときは新設された「臨時認知機能検査」を受けなければなら
    ない。
   ○ 臨時高齢者講習(新設)
      臨時認知機能検査を受け、認知機能の低下が運転に影響するおそ
    れがあると判断された高齢者は、新設された「臨時高齢者講習」を受
    けなければならない。
   ○ 臨時適正検査制度の見直し
      更新時の認知機能検査又は臨時認知機能検査で認知症のおそれ
    があると判定された方は、臨時適性検査(医師の診断)を受け、又は、
    命令に従い主治医等の診断書を提出しなければならない。
   ○ 高齢者講習の合理化・高度化
      認知機能検査の結果によって受ける講習の内容等が変わります。
      高齢者講習は、75歳未満の方や、認知機能検査で認知機能低下
    のおそれがないと判定された方に対しては2時間に合理化(短縮)され
    ます。
      その他に対しては、個別指導を含む3時間の講習となります。
   【議長】
    その他に御意見ございませんか。
  それでは、以上で協議等を終了します。
  議事の円滑な進行に御協力いただきありがとうございました。
 次回の開催予定
   12月に開催を予定。
 協議事項など詳細については、後日御案内いたします。
 閉会


直線上に配置


トップページへもどるTOPページへもどる 協議会へもどる協議会へもどる