【北上町】

 北上川河口には、肥沃で豊かな水をたたえ、様々な動植物が生息しており、特に河口から上流10kmにかけて、日本一のヨシ原大群落が開放的な空間を作り出しでおります。毎年冬になると、昔ながらのヨシ刈りが行われ町の風物詩となっております。
 また、リアス式の豊かな海や北上川の恵を受けた漁業や養殖業が復興しつつあります。

◎ 主な行事・名所等

 にっこり祭り
 地域特産品の販売のほか、北上町の郷土芸能や海鮮バーベキューなどが満喫できる祭りです。今年の開催は未定です。
 
にっこり祭りの風景
 釣石神社
 知恵、学業の神である天児屋根命(あめのこやねのみこと)を奉り、ご神体である巨石は昭和53年の宮城県沖地震でもビクともしなかったことから、「落ちそうで落ちない受験の神様」として、県内外から多数の受験生が参拝しています。
 今回の震災においてもご神体は落ちることはありませんでした。
釣石神社
 神割崎
 その昔、村境を争っていた海岸に巨大な鯨が打ち上げられ、二つの村が所有権を争った夜に地響きとともに岬が二つに割れ、これぞご神託とのことで、村境の争いが解決したとの伝説の残る岬です。
 
 
神割崎

(写真:北上町提供)

戻る