銃器薬物対策課

薬物乱用の害悪と法規制

 覚醒剤や麻薬等は、それを乱用する人間の精神や身体をボロボロにし、人間が人間としての生活を営むことができなくなるだけでなく、場合によっては死亡することもあります。
 また、薬物の乱用による
幻覚・妄想が、殺人、放火等の凶悪な犯罪や交通事故を引き起こすことがあるなど、乱用者本人のみならず、周囲の人、さらには社会全体に対しても、取り返しのつかない被害を及ぼしかねないものです。
 こうしたことから、
覚醒剤、麻薬等の使用、所持等は法律により厳しく禁止されています。



薬物乱用の害悪


1 薬物を乱用すると・・・
 乱用される薬物は、中枢神経に作用することから、乱用したときの快感を得たり、薬物の効果が切れたときの苦痛等から逃れるため、薬物による効果を強く求めるようになる「依存性」が形成されます。また、薬物を繰り返し使用しているうちに同じ量では効かなくなる「耐性」が生じます。
 「一度だけ」という好奇心や遊びのつもりでも、薬物の依存性と耐性によって、乱用する量や回数がどんどん増えていくという悪循環に陥り、自分の意志では止めることができなくなります。
 また、乱用を止めても、睡眠不足や過労、ストレス、飲酒等をきっかけに、突然、幻覚や妄想等の精神障害が現れる
フラッシュバック(再燃現象)が起こることがあります。
2 精神・身体への影響について
 覚醒剤を始めとする薬物の乱用は、精神と身体の両面を致命的に破壊します。脳の正常な発達を止めてしまい、精神のバランスを悪くさせます。乱用により、脱力感疲労感に襲われ、ついには幻覚、妄想といった精神障害が引き起こされます。
 また、薬物の乱用は、体の主要な器官に深刻な悪影響を及ぼし、最悪の場合、死に至ります。
3 薬物乱用者による犯罪、薬物に起因する事故
 薬物を乱用すると、急性中毒によって死亡することがあるほか、その薬理作用から幻覚、妄想等の精神障害に陥り、殺人、強盗、放火等の凶悪な犯罪や重大な交通事故等を引き起こしたり、自殺を図ったりすることがあります。また、薬物の購入資金を得るための犯罪も発生しています。
 たとえ一度だけでも薬物の乱用による被害は発生しますので、絶対に止めましょう。

薬物乱用防止



薬物犯罪に係る法律の主な罰則


 薬物犯罪は、使用や所持だけでなく、下表に示したような行為も取締りの対象となります。
 これらは、
薬物犯罪の悪性・危険性などから、より重罰化が図られています。



薬物犯罪に係る法律の主な罰則

合法ハーブは危険です



課のトップへ県警トップへ