男性警察官の画像

地域課からのお知らせ

交番の画像

地域課 
女性警察官の画像  地域警察は、交番、駐在所、警ら用無線自動車などの各活動を通じて地域の安全を守ります。
 交番、駐在所は、それぞれ定められた一定の地域を受け持ち、地域に密着した活動を行います。
 警ら用無線自動車は、岩沼警察署管内を常時パトロールして、事件・事故の発生を防止し、また、発生した事象に対して直ちに現場急行して迅速に処理します。
県警本部地域部地域課のページへ

 交番・駐在所
  交番・駐在所は地域の「生活安全センター」
男性警察官の画像  交番・駐在所は、担当する管内での地域の「生活安全センター」として、住民の皆さまの日常生活地域における安全と平穏を守るため、管内の事件・事故の未然防止と犯罪検挙活動に努めています。
 交番・駐在所で勤務する警察官は、地理案内、落とし物などの取扱い、各種相談、パトロールを行うほか、住民の皆さまとのコミュニケーションを図るため、ご家庭を訪問する巡回連絡を通じて、地域に密着し、安全安心を守ります。
パトロール活動
 制服警察官が、事件・事故の発生を未然に防止したり、あるいはすでに発生した事件の犯人を発見するために管内をパトロールする活動です。
巡回連絡
 みなさんのご家庭を訪問し、各種犯罪の予防、災害・交通事故防止などについて必要なことをお伝えしたり、ご家庭で抱える困りごと相談、要望、意見があればそれをお聞きし安心して暮らせるよう助言いたします。

110番
 110番は、宮城県警察本部通信指令室の警察官が、24時間体制で対応しています。
 通信指令室では、事件・事故の110番通報により警察官を現場に急行させ、被害者(負傷者)の救出、救護、犯人の検挙、交通事故捜査などが迅速に行えるように県内の警察官に無線連絡します。
【110番通報のポイント】 男性警察官の画像
1 素早い110番
(事件・事故などに『遭った』、『見た』場合)
2 落ち着いてゆっくりと
・ いつ(その時間)
・ どこで(目標となる建物、もしくは住所など)
・ 何があったか(どろぼう、けんか、交通事故など)
3 通報場所から離れない
(警察官をいち早く現場に到着させるために必要です。ただし、身の危険がある場合は除きます。)
【110番通報時の注意点】
1 車両運転中は、安全な場所に停車してから通報してください。
2 通話が途中で切れた場合、こちらから呼び出す場合がありますので、電源を切ったり、留守番電話にしないでください。
2 通話が途中で切れた場合、こりらから呼び出す場合がありますので、電源を切ったり、留守番電話にしないでください。
 ※ 110番通報は、一日に何百本もかけられてきます。
    緊急を要しない各種相談については、「#9110」や各種相談電話をご利用ください。
    いたずら電話は、迅速な警察活動の支障となるので、やめで下さい。
通信指令課のページへ

お知らせのページに戻る 前のページに戻る トップページに戻る トップページに戻る