交通管制ミニセンター

区切り線

交通状況表示板 古川警察署内に設置されている「交通状況表示板」です。
交通渋滞状況、5分間交通量、各交差点信号機の異常状態及び各機器の動作状態を表示します。
大崎市古川地内の交通の安全と円滑をはかるために設置された「宮城県警察交通管制古川ミニセンター」は、平成13年3月16日から運用を始めました。
交通管制システムは、各種交通情報を収集し、その情報に基づき交通信号機をコンピュータにより制御するシステムで、宮城県警察本部の交通管制センターと接続されており、交通管制センターでも古川地区内の交通状況や機器の動作状況等を監視し、必要に応じて交通信号機を制御することもあります。


管制システムの効果
交通渋滞の解消
交通事故の減少
車公害の軽減
燃費節約、走行時間短縮の経済効果

メニューへ戻るメニューへ