本文へスキップ

宮城県警察本部生活安全部サイバー犯罪対策課は、サイバー犯罪の検挙と対策に取り組んでいます。

宮城県警トップ組織図

相談事例

相談事例・対応

ネットショッピングのトラブル

* インターネット通販サイトで購入した商品が届かない。
* ネットオークションで商品を落札したが、商品が届かない。

> インターネット上の取引は、対面販売とは異なります。相手の住所、氏名(法人名)、連絡先(会社の電話番号 )を必ず確認しましょう。
> サイトの評判や、実在の会社による正規のサイトなのかどうかをインターネットで検索するなどの確認を行ったうえで、慎重に取引しましょう。
> 支払方法が銀行振込のみである、振込先口座が個人名義である、サイト内の日本語文法に誤りが多いといった特徴のあるサイトは詐欺サイトの可能性があります。
> 代金の支払方法は、代金引換等のより安全な方法を選びましょう。
> 商品が届かない場合は、メールや電話などのあらゆる手段で、相手に督促してください。
> 相手とやりとりしたメールや売買のページ、代金振込等の証拠を保管してください。
> 相手が応答しない場合は、配達記録付きの内容証明郵便(債務履行を求める内容)を送付してください。
> 内容証明郵便が返送されてきたなど、詐欺の疑いがある場合には、証拠資料を持って最寄りの警察署に相談してください。

迷惑メール
     

* 商品販売等の広告が一方的に送りつけられる。
> 商用メールについては、特定電子メールの送信の適正化等に関する法律の制定や、特定商取引に関する法律の改正等により、メールの件名に「未承諾広告*」と表示する義務、受信拒否者に対しメールを再送信してはならない義務等が規定されています。
> 上記義務に違反する迷惑メールについては、「財団法人日本データ通信協会(迷惑メール相談センター)」や「一般財団法人日本産業協会」で情報提供を受け付けています。
> 迷惑メールが頻繁に送られてくる場合は、迷惑メール受信拒否設定をすること、英字、数字、記号を含んだ複雑なメールアドレスに変更するなどの対策が有効です。
> 添付ファイルを開くことで、コンピュータ・ウイルスに感染するように仕組まれたメールも存在します。送信元に添付ファイルの内容を確認し、確実な相手からの添付ファイルだけを開くようにしましょう。

架空請求・不当要求

* メールで身に覚えのない料金を請求された
* アダルトサイトの年齢確認をクリックしただけで料金を請求された

> 身に覚えのない料金を支払う必要はありませんので、慌てずに無視してください。
> 利用規約や契約内容の確認をしたうえで、納得してクリックした場合でなければ、契約が成立しない場合がほとんどです。
> 連絡先の記載があっても、こちらから連絡する必要はありません。URLが載っていても接続はしないでください。逆に相手に個人情報を知られてしまう可能性があります。
> こちらの携帯電話の端末情報やIPアドレスなどが表示されても、この情報だけで住所や氏名などが特定されるわけではありませんので、心配無用です。
> 興味本位でいかがわしいサイトにアクセスしたり、不用意にメールに添付されたURLや広告へのリンクに接続しないようにしましょう。
> サービスを利用したい場合は、事前に利用規約等をよく読んで、納得した上で利用しましょう。一見無料だと思われる表現でも、わかりにくい場所に利用規約があり、有料となっている場合もありますので注意が必要です。
> 相手に連絡先を教えてしまってトラブルに発展したり、押しかけを受けた場合などは、最寄りの警察署にご相談ください。

不正アクセス

* インターネットオンラインゲームのアカウントを盗用され、アイテムを奪われた。
* インターネットオークションのユーザIDとパスワードを盗用され、勝手に商品の落札や出品をされた。

> まずは、思い違いの可能性や、家族が使用していないかを確認してください。
> ログイン履歴を確認できる場合は、その履歴や被害状況がわかる画面などを印刷して保管してください。後日警察に相談する際に必要となります
> ログインできる場合は、パスワードを変更してください。
> サービス提供会社に連絡して利用履歴を確認し、第三者によるログインが確認できる場合は、IDの利用停止を依頼してください。
> 被害が発生した場合は、サイバー犯罪対策課か最寄りの警察署に相談してください。

フィッシング

* 金融機関や企業になりすましたウェブページにアクセスし、個人情報を入力してしまった
> 銀行や保険会社、クレジットカード会社などは、メールで口座番号や暗証番号、個人情報を問い合わせることはありませんので、これらの項目を入力させるようなメールはフィッシング詐欺です。
> 金融機関等になりすましてメールを送りつけ、メールに添付したリンクから偽のサイト(フィッシングサイト)に誘導させる手口が一般的です。
> 偽のサイトは一見して本物と見分けがつかないくらい巧妙に作られています。インターネットバンキング等を利用する場合は、偽のサイトに誘導されないよう、金融機関から通知を受けているURLをブラウザから直接入力しましょう。
> 偽のサイトに個人情報を入力してしまったことに気づいた場合は、すぐにパスワードや暗証番号等を他人に類推されにくい複雑なものに変更してください。
> フィッシングによって不正アクセスや詐欺等の被害に遭った場合は、フィッシング110番(サイバー犯罪対策課の下記相談窓口)か最寄りの警察署に相談してください。

     

サイバー犯罪情報提供・相談窓口

     

情報提供・相談について

注意事項 ○事件、事故など緊急の場合は、110番通報をしてください。
○サイバー犯罪対策課において、土・日曜、祝日、年末年始の休日、平日の執務時間外に受信したメールは、次の執務日に開封します。
○メールで受け付けた相談に対する回答は、原則として電話での回答となります。
○必ず、「住所、氏名、生年月日、日中連絡可能な電話連絡先」を明記してください。
○上記必要事項が記載されていない場合、回答できかねますのでご了承ください。 
窓口 ○宮城県警察生活安全部サイバー犯罪対策課
 cyber@mail.police.pref.miyagi.jp
○宮城県内各警察署(下記連絡先)

宮城県内各警察署の連絡先

 警察署  電話番号 警察署  電話番号 
仙台中央警察署 022−222−7171 河北警察署 0225−62−3411
仙台南警察署 022−246−7171 南三陸警察署 0226−46−3131
仙台北警察署 022−233−7171 古川警察署 0229−22−2311
仙台東警察署 022−231−7171 遠田警察署 0229−33−2321
泉警察署  022−375−7171  若柳警察署 0229−32−3111 
塩釜警察署  022−362−4141  築館警察署   0228−22−1101
岩沼警察署 0223−22−4341  鳴子警察署 0229−82−2249
大和警察署  022−345−0101  加美警察署 0229−63−2311
石巻警察署 0225−95−4141  大河原警察署  0224−53−2211 
気仙沼警察署  0226−22−7171  白石警察署 0224−25−2138 
佐沼警察署  0220−22−2121  角田警察署  0224−63−2211 
登米警察署  0220−52−2121  亘理警察署  0223−34−2111 
     



ワイファイを安全に利用しましょう

ラインアカウントの乗っ取り被害が増えています

バナースペース

サイバーニュース号外、サイバー攻撃に注意